年齢が若くて、とりあえずお金が欲しい。
学費や欲しいもののため、を実現するために
アルバイトをしようという方は
多いのではないでしょうか。

社員の採用とちがって企業側では
採用基準のハードルも低く設定されているものです。

管理人Junjunも店舗のマネージャーをしていた際には、
アルバイトの採用を担当していたことがあります。

そのころの時給は850円。
接客の仕事でしたが、アルバイト採用では、
「いい人で休まずにまじめに出勤してくれる人」が
採用する側の条件でした。

この人ならいい、と判断した上で、上司の面接へ
という流れです。「いい人」というのは、どこかに
人がいい何かが1つでもあればよかったのです。

私の限られた範囲の経験ですが、
アルバイトで働いて、とても会社に貢献してくれた人は、
主婦の方だったり、OL経験者だったりで、
社会経験をされている方でした。

その一方で、突然出社しなくなるという人もいて、
そういう人はアルバイトの経験もあまりなく
学生の頃の延長線でアルバイトというものをしていたと思います。

新卒で社員で採用されると、ある程度社員教育がしっかりした会社では、
学生気分が一掃される厳しい社員教育が行われます。
お金を頂くことは、お金を払って学校に行くことと
全くちがうことを学びます。

主婦の方にはそうした経験のない方もいますが、
子供を産んで育てていくということで
厳しさを乗り越えてきた経験がありますね。

スーパーのレジ係で、「研修中」のワッペンをしている人を見かけることが
あります。
私は待つ方なのですが、急いでいれば別のレジに行くこともあります。
顧客にとっては、対価を払っているので、それなりのサービスはしてほしいのです。

あなたが「アルバイトだけれど・・・」と内心思っていても、
お客様にとっては社員としてしか見られていない、
ということは意識しておきたいものです。

実際にお客様に接することのない仕事であっても、
アルバイトだから、いいかげんな仕事でもよい、
と考えている会社は1つもありません。

アルバイトで採用されたなら、
少しづつでもいいので、失敗しても、
できるように努力していければいいのです。

時給が高いアルバイトは、会社からあなたに
もとめられるものが多いということ。

はじめての社会経験で挫折しないためには、自分のちから
に見合ったアルバイトをさがすことです。
会社にとってもあなた自身にとっても良いとおもいます。