1937年に設立された、川口化学工業は、川口市領家に本社を構える会社です。

ゴム薬品国内2位。
加硫促進剤・老化防止剤・加硫剤・シャク解剤・凝固剤・未加硫ゴム硬化剤・オゾン亀裂防止剤などのゴム薬品の製造販売を主要事業として、樹脂薬品、中間物、その他の関連工業薬品の製造販売を行う1961年に上場した歴史のある企業です。

営業所は東京と大阪にあり、中国上海に子会社があります。
2013年1月17日の日本経済新聞でも報道されていますが、営業利益は前期比36%減。
中国の一連の騒動にあって赤字転落していないとみることもできるでしょう。

2014年新卒者・既卒を現在募集しています。
既卒者は化学専攻が応募資格の条件です。

2014年の財務情報への注視必須前提で、
中国の販路の展望、自動車関連事業以外のファインケミカル事業の展開など
将来性に納得できれば、入社に際しての競合が比較的少ない企業ではないでしょうか。

このところの円安で急速に業績が回復するといいですね。

興味のある方は、企業ホームページにて問い合わせしてみましょう。