Makuhari Messe
Makuhari Messe / ototadana

9月12日(土)千葉県の幕張メッセで、翌13日(日)には東京ドームシティ プリズムホールにて、カイゴジョブフェスタが開催されます。9月12日(土)千葉県の幕張メッセでのカイゴジョブフェスタの開催時間は、11:30~16:00 (受付/11:15~15:45)で、幕張メッセ 国際会議場 コンベンションホールが会場です。

カイゴジョブフェスタはどなたでもご参加できます。資格をお持ちでない方や、学生の方なども参加されている、採用に関わらない福祉・介護業界の合同説明会です。

カイゴジョブフェスタに参加予定のかたなら、事前登録がオススメです。カンタンな登録を事前にしてから来場されると先着250名に3,000円のクオカードがもらえるからですヨ。(メルマガに記載した特典引換券を会場にお持ちの方が対象です。)

介護の仕事に興味があるけれど、施設とか福祉法人とかあるけれど、なにがちがうの?

疑問点を調べる

というところから、わからない、という方でもドシドシ参加される良い機会です。

介護の「カ」の字も知らない方がこれまで経験してきていない介護のおしごとに興味を持たれることはよいことなのだと思います。

なぜならば、日本国の産業構造は今後変わり、もっとも重要になる産業が医療・福祉業になるからです。(ご存知でしたか?)

「キツイ」「給与が安い」「人手がたりない」といわれている介護業界には、家電メーカーからセキュリティー会社、不動産企業など様々な異業種企業が参入しています。

なぜなのでしょうか?

2025年問題」ということを聞いたことがあるでしょうか?

いまの日本の中でもっとも人口が多い学年?世代のことを「団塊(ダンカイ)の世代」と聞いたことがあるとおもいます。

1947年~1949年までに生まれたその人口が多い学年?世代はことし65歳あたりの方々で664万人いらっしゃります。その「団塊(ダンカイ)の世代」の方々が75歳あたりになる2025年には高齢者サービスや介護ビジネスが間に合わない、不足してしまう、という懸念がされています。

コレが「2025年問題」です。

「間に合わない、不足してしまう」ということは裏をかえすと、需要が高まる、そこからさらにピークに達するということです。そうした需要を見越して、様々な異業種企業が介護業界に参入しています。

そういわれても、未経験の方にとって福祉や介護の職場はよくわかないことでしょう。

老人ホーム背景老夫婦介護業界には様々な施設があります。地域包括支援センター、老人介護支援センター、特別養護老人ホーム、ケアハウス、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、居宅サービス事業所などなど。

職種も、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー、相談支援専門員、サービス管理責任者、福祉用具専門相談員など介護福祉士や初任者、ヘルパーさん以外にも様々な職種があります。

ソコがどのようなところで、その職種ではどのように働くの?

といったことが良くわからない。なので、どのような施設に応募したらいいかわからない、という方も多いとおもいます。

わたしは大学受験で似たような経験をしています。大学の学部はどこがいいのか?よくわかりませんでした。法律に特別な思い入れはありませんでしたけれど、法学部に入学し、それほど好きでもない科目を受講しながら、それでも憲法の面白さを知った学生時代でした。

就活でもおなじような感じでした。文化系でしたけれど、時代の行く末で仕事がなくならないであろうコンピューターの仕事を選びます。法律の学生からコンピューターの社会人になったのです。学生時代に学んだ法律関連の知識はプログラミングの仕事ではまったく役立たない。

それでも、ある部分ではかなり役立ちました。企業で働く視点だけではなく、社会の中で働いているという視点も合わせ持つことができたのは、法律で国のしくみをすこし学んでいたからなのだとおもいます。

介護のおしごととはかけ離れたことをお話ししてしまいましたけれど、最初はザックリとした方向だけを決めるだけでいいのだと思いますヨ。

歩き出していくと、仕事を初めていくことで、それまでボンヤリしていたことが見え出します。カイゴョブフェスタは、よくわからない方にやさしい企業合同説明会です。歩いてみると、すこしづつ介護の企業のこと、仕事のことがわかってくることでしょう。

面談「ああ、こういうことだったのか・・・」とわかりだす。

ソコで「ではこれをどうしていくか?」と問題を発見する。

ではどのようにしてそれを解決していくか?

じつはしごとというのはいつもそうしたことの繰り返しです。

どのようなお仕事でもこうしたことに変わりはないのだとおもいます。就職活動も同様です。

「ああ、こういうことだったのか・・・」とわかりだした時点で、失敗していたくない。間違いたくありませんよね。

だから、みなさん悩みます。

その企業に入社して働いてみなければわからないことを、事前に入社するまえに知っておきたい

介護・医療の産業はものづくり日本から未来のあたらしい日本をカタチ作るためになくてはならない産業分野です。政府はそのために医療産業を成長戦略と位置づけて動き出しました。

総務省統計局の「労働力調査」では2030年の全産業別での就労者数の推計が公表されています。

2012年 2030年
1位 卸売・小売業(1093万人) 医療・福祉業(944万人)
2位 製造業(1032万人) 製造業(926万人)
3位 医療・福祉業(706万人) 卸売・小売業(867万人)
4位 鉱業・建設業(506万人) 鉱業・建設業(413万人)

産業構造がこの日本で今後大きくかわります。これまでの産業構造で成功していた企業は大きな変化を遂げていかないと立ち行かなくなるのかもしれませんね。

こうした人口統計に基づいて、国は介護職員の給与をあげる施策を実施しています。医療・福祉のおしごとは人の生命にかかわるお仕事です。20年ほど前に看護師はいまの介護職のように低賃金の職種でした。

介護のお仕事はより専門性を高めていくことで、今以上に医療行為をしていく職種に変わるのだとわたしは推測しています。介護と医療のカキネがなくなるかもしれません。

勝手な私の推測ではなく、理学療法士から介護職へ転職され「介護びっくり日記」など著書多数で、上野千鶴子さんが選んだ「ケアのカリスマ」のおひとりの高口光子さん(介護老人福祉施設「星のしずく」 介護部長)は、

「老い」は「病気」ではないのに、

「老人」を「病人」としている・・・。

高齢者に必要なのは医療ではなく、

介護なのです。

とおっしゃります。

そして、医療・福祉業はこれからおおきく方向転換し再生して一大産業へ変わるのだとおもます。そのために国は動き出し、介護職の給与の底上げがことし行われています。今後もその方向性は変わらないことでしょう。

右へ階段上がる日本のもっとも成長する産業の中で介護のスペシャリストとしてキャリアを積めば、待遇は今よりずっと高くなるハズです。いまの看護師のように。

こうした医療・福祉業の大きな流れを知っている方は残念ながら多くありません。

あえていうと、だからいまがチャンスなんです。

多くの方々が「いい業界だ・・」と気づくまえに1歩も2歩も先のキャリアを積んでおけば、今後成長していく産業の中ですでに居場所をつくっておくことができる。いまのうちに座席を確保しておくこと。すると今後優秀な人材が入ってきても余裕を持って生きていける。(ココがいま介護を選ぶキモです。)

いまいい状態の業界や企業ばかりに就活生や転職希望者は殺到していきます。これから成長する、これから右肩上がりな業界・企業に就職しようとされません。

なぜでしょうか?

ご両親のミエが大きく悪さをします。「うちの子が・・会社に就職した・・」というミエ。そして、いま現時点を調べるだけで精一杯だからなのでしょう。いまが絶好調な企業が安心するらしい。いま安心そうな企業ばかりが気になるようです。

ホントーは未来、今後の行く末を調べることがはるかに重要であり、今後の成長性で選ぶほうがのちのち幸せになれるハズです。「安定」とはじつは変化して成長していく流れの中にしかありません。

未来を予測し続けている方々がいます。

誰だとおもいますか?

未来へ企業経営者です。彼らはふつうのサラリーマンよりはるかに未来をしっています。優れた企業経営者の考え方にヒントがあります。(サラリーマン社長では参考になりませんヨ。かれらは経営者というよりも本質はサラリーマンだからです。社畜です。)

もちろん、将来性が高い業界であっても自分に向いていない仕事をしても失敗することでしょう。やはり、ガツガツしているような方よるもやさしい人。人の役に立ちたいという方こそ向いているお仕事なのだと私は思います。

「実際に向いているだろうか?」ということを確かめることができます。

9月12日(土)または9月13日(日)にお時間のある方なら、一日で介護業界のさまざまな企業の顔ぶれを知って、そこではたらくスタッフさんにすこし話しを聞いてみるだけで、グット介護業界を身近に感じ取り、知ることが出来ると思います。

カンタンな登録を事前にしてから来場されると先着250名に3,000円のクオカードがもらえるので、早めの事前登録をおすすめします。(東京開催は500名です!)

(メルマガに記載した特典引換券を会場にお持ちの方が対象です。カイゴジョブの登録画面のいちばん下にスクロールして、「介護・福祉の求人サイト カイゴジョブのトップへ」をクリックするとカイゴジョブフェスタの詳細が掲載されている画面に遷移します) 

カイゴジョブの登録は住所・氏名・メールアドレスなどを1分程度で入力するだけでOKです。 ケアマネジャー、PTOTの方ならば、 ケアマネジャー、PTOT専門の転職支援サービスの登録案内が返信メールにされています。