女性の正社員での転職時の面接通過率はおよそ30~40%と言われています。女性に人気の事務職や、募集枠の少ない求人の場合ならこの数字よりも通過率はもっと下がる可能性が高まります。

面接通過率を上げるための第一歩は、面接官の知りたいことに正しく答えることです。一方的に自分の話したいことを話すのではなく、相手がこの質問で何を知りたいのか、真意を理解することがとても大切なポイントになります。

女の転職@type』主催の『転職活動初心者のためのはじめての「面接」対策セミナー』で講師を務めたtypeの人材紹介キャリアアドバイザーの星野莉奈さんによる面接を通過するためのポイントをまとめました。

自己紹介は全体で3分。そのうち職務経歴の説明を1分で簡潔にまとめる

面接セミナーでは隣の人とペアになって、面接を想定した職務経歴を話すワークを行うのだそうです。制限時間は3分。ところが、2分経たないうちに話すことがなくなるという方が多いという。

「時間が余ってしまった方が多いように見受けられましたが、2~3分が適正。1分程度だとアピール不足の可能性が高く、面接官に採用に価するかどうかの判断材料を伝え切れてないおそれがあります。

面接官は人事や担当者に面接結果の報告をしますが、このときに良いと思った理由が話せないと推薦ができず、不合格となってしまう

逆に、面接官が長いと感じ始めるのは3分を超えたくらいから。転職回数が多い方はもう少し長くても大丈夫ですが、2社以内であれば3分、3社以上でも5分以内を目安に話すように心掛けましょう」と星野莉奈さん。

どの会社に対しても職務経歴や自己アピールの内容が同じはNG

「職務経歴や自己アピールを聞く目的の1つは、自社ですぐに活躍できるのかを見るため。例えば、仕事内容に『PCによる事務処理』と書いてあったら『営業をしていた時の提案資料作成は通じるものがありそう』という具合に、応募した仕事と今までやってきた仕事の共通点を意識することが大切です。

だからこそアピールポイントは企業ごとにカスタマイズすべき。どのポイントが応募先の会社で生かせそうなのか、明確に伝えてみてくださいね」と星野莉奈さんはおっしゃっています。

職務経歴書や自己アピール文はパソコンで記入されるものなので、基本形をカスタマイズしていく必要が必ずあります。応募する企業が必要としている人物像を募集内容や企業ホームページの採用情報、企業理念などから導き出して、

その人物像を頭に思い描きながら、その人物に近づけるようにご自分の経験やスキルを取り込む。そのためには1社ごとに違った職務経歴書や自己アピール文を作成していく必要があります。

任せたい仕事ができそうだという印象を面接官にもってもらう。次に気にするのは他の候補者と比べてどうなのか、違う環境であっても同じような実績を上げられるのか、ということ。

そのためにどのような工夫が必要だとあなたは思いますか?

「どのような実績が出せたのかは、数字でアピールしましょう。」

と星野莉奈さんはアドバイスされています。事務職の場合であっても、事務処理の量やどのくらいコストや時間を削減ができたのかなど、できるだけ具体的な数字を出したいところ。

「その上で、なぜその実績が出せたのか、経緯を話してみると良いでしょう。実績が出せた理由が話せるということは、偶然ではなく結果を出すためのやり方が確立できているということ。会社が変わっても活躍してくれるはず!と判断してもらえるはずです」とおっしゃります。

「成長したい」だけの転職理由はNG

面接対策でよく見かけるのが「転職理由はポジティブに」というもの。この言葉に踊らされ、『成長したい』『スキルアップしたい』といった、当たりさわりのない、具体性に欠ける転職理由を話す人が多いのだそうです。

「転職支援の面談にお越しいただく方の中にもこれを意識している人はすごく多い。この質問で面接官が確認したいのは、

入社後に同じ理由で辞めないか?

転職理由に納得感があるか?

ということです。ネガティブな理由なしに転職する人がほとんどいないことは面接官も分かっていますから、そこをポジティブに切り替えて退職したことの整理ができていて、新たな仕事に就く準備・心構えができているのかを確認したいんですね。

例えば『人事業務を専門的にやっていきたい』というように、具体的な表現にしてみましょう。その際、改善しようとしたけれどかなわなかったことを併せて話し、転職でしか解決できないことを伝えてみてください。」

「勉強させていただきたいです」では志望動機があいまい

中途採用で求められるのは対応力と即戦力。新卒のような「教えてもらう」意識では通用しない。

「面接で最もやってしまいがちな発言がこれ。企業が中途採用で求めるのは、一緒に会社を成長させてくれる、自社にとって役に立つ人です。

だからこそ、勉強したいというスタンスではだめ。たとえ未経験の仕事であったとしても『こういう点で貢献できる』というアピールは必ずしましょう。」応募する企業の目指していることをテーマにして、その問題をどのように解決できるか?が問われます。

「この仕事がしたい」という熱意だけを強く伝えるのもNG

採用には多大なコストが掛かっている。求人広告などの募集時の費用はもちろん、採用後に会社の風土に慣れて一人前になるまでにはある程度時間が掛かるし、その間の教育費も必要です。

だからこそ、企業は採用した人に長く働いてほしいと考えているもの。そんな面接官から見て、長期就業に不安を覚えるのがこのタイプ。

「もちろん希望する仕事への熱意は大切ですが、裏を返せば、『この仕事しかしたくない』というように受け取れます。最初はその仕事を任せるつもりであっても、将来的に部署異動の可能性だってある

やりたいことが限定的過ぎると、その仕事ができなくなった途端に辞めてしまうのでは? という懸念が生まれます。目の前の仕事だけでなく、中長期的に見てどのような人材になりたいか、併せてアピールしてくださいね」

最後の質問で「残業はどのくらい?」と聞くのはNG

多くの面接で、最後に聞かれるのが「何か質問はありますか?」という問いかけ。つい、働き方や制度について尋ねたくなってしまうものだが……。

「この質問から面接官が量りたいのは、志望度と応募者が気にしていることの2つ。ここで残業について聞いてしまうと、『長時間労働は嫌な人なんだな』という印象を与えてしまう可能性が高いです。

とはいえ長く働いていきたいと思うからこそ、気になるのは当然。内定が出た後に確認するのが一番選考に影響がないのですが、選考段階で確認したいときは聞き方を工夫しましょう。同じ仕事をしている社員の方の1日の仕事の流れや、繁忙期と閑散期を聞くことで探ってみては?」

「産育休制度が充実している」が志望動機

女性が長く働ける環境を整備していることをうたった求人広告や募集要項は多い。だが、これに同調するのは注意が必要だ。

「福利厚生や年収UP、残業の少なさなど、入社した時点で実現できてしまうことをアピールするのは避けた方が無難です。

入社後にどのようなモチベーションで働いてくれるのかが見えにくく、企業側としては『制度が充実していればどこの会社でもいいのでは?』という印象に。『貴社にこういう風に貢献して、長く働きたい。だから制度が充実しているところに魅力を感じた』というように、ただ賛同するだけに終わらないようにしましょう」

「これらのポイントを踏まえつつも、会社に合わせた準備をすることが大切」と星野さん。

「会社によっては、例えば長期就業希望の人よりも独立志向の人を好むケースもあります。事前にインターネットや四季報、人材紹介サービスを利用するなどして、情報を集めましょう。

そうして志望動機や自己PRを準備したら、必ず口に出して話してみることを忘れずに。『ちょっと長いな』『ここは変かも……』というふうに、実際に言葉にしてみたからこそ気付くことがあるはずです。

緊張しない人なんていない! と言ってもいいくらい、面接は緊張するもの。だからこそ事前準備をしっかりして、本番に臨んでくださいね」

ココからはわたしの私見をすこし。

あたりまえな常識の中に自分だけが目立つ部分を1つ冒険して作り出す

転職では、面接の仕方が少しづつ変化していきます。

(わたしはこの数年転職や就活について調べているので2年前の正解がいまは正解ではないと感じています。今年の正解というのも考えもの。ネットやツイッターなどで正解を追い求めることで、ご自身が陳腐化していく。

どういうことか?

面接官は金太郎飴が嫌いです。面接で出会う応募者はみんな同じようなことをいう。どこを切ってもおなじ金太郎の顔ばかりなので、本心を言っていないだろうな、と気づいているからです。金太郎飴というのは長い棒状の飴で、どこをきってもおなじ金太郎ですよね。

マスゲームというおなじ色の画用紙をみんなでそろえるゲームがあります。高校野球で応援団が声援しながら選手にメッセージを送ったりするためにしていたりしますね。

マスゲームではみんなが白を出すときに自分だけ赤をだすと間違えて目立ちます。でも、面接の場面ではまわりと違うことでイイ意味での目立ちになるんです。7割くらいは常識があることを知ってもらうため当たり前にみんなと同じにして、

3割程度は他の人とはちがう色を出すことで、面接官の印象に残ります。すこし深い話しをすると日本の教育の現場、学生時代までは、マスゲームでみんなとおなじ色の画用紙をそろえるゲームばかりしてきたんです。

でも、就職の場面ではそれだけではダメです。一緒に働く人を選ぶときには、信用できる人、話しが通じ合えるひとが欲しいからです。ロボットみたいなフウなヒトと一緒に仕事をしてもたのしくないからですヨ。話しをもどします)

いまイイ方法が何年後にはNGな言い方に変化していきます。新しい新鮮な部分を面接官が求めているからです。

あまりにも当たり前の差し障りのない優等生のような受け答えというものは、陳腐化していきます。だれにでも対策できてしまう内容だけで、そこからは1歩もはみ出さず冒険しないと、聞いていて面白くないんです。

なので、ひとひねり、他の応募者とは違ったなにかを1つ用意しておくこと。他の応募者との違いなど、自信の持てるものがない、という方ならば、1つ強調して言うことを用意しておく、ということでイイんです。

その1つのことは、自分だけのエピソードや経験強く思ったことを絡ませながらストーリーを考えて何度も練習して話します。すると聞いている方に、他の応募者とは違った印象を与え、心に残るものを面接後に残すことができます。

箇条書きのような語り方ではなく、ストーリー(物語)で話すことがポイントです。ストーリーには印象に残る強さがあるからです。

すると、人事部や採用部署の担当者に面接官から「あの人は・・・でイイと思います!」と推薦してもられるんです。

がんばってくださいネ!