風間杜夫さんのCMでおなじみのセレモニーでは、シニアの方や主婦の方歓迎で、スタッフを募集中です。フロムエーナビで8/26 AM7:00まで掲載しています。


勤務地は、川口市(川口(営)川口市川口2-9-18-2F)、さいたま市浦和区、さいたま市大宮区(大宮(営)さいたま市大宮区東町2-288)、南越谷駅歩5分(越谷(営)越谷市南越谷1-2-52)、

北浦和駅歩7分(浦和(営)さいたま市浦和区常盤9-4-13)、春日部市(春日部(営)春日部市中央6-8-24-3F)、所沢市(狭山ヶ丘(営)所沢市狭山ヶ丘1-2980-3-2F)となっています。

川口のセレモニーは、川口駅西口から徒歩5分程の駅チカにあります。

パートの方の時給は1000円で、正社員の方は、月給月給13万2000~30万円となっています。パートの方の勤務時間は10:00~15:00で、土日祝がお休みで週3日~となっています。社員の方は、9:00~17:30(月20~21日稼働)です。

週3日働くと、昼休憩1hと仮定した場合、月に48,000円となります。
週4日働くと、64,000円、週5日働くと、月に80,000円になります。

主婦の方にもお勧めなのが、勤務時間が10:00~15:00というところです。というよりも、このお仕事は主婦の方のためにある、と言いたくなる程、勝手の良いお仕事ではないでしょうか。

朝、出勤や通学の慌ただしさがひと段落してから出勤できて、夕食のための買い物などをして帰宅できる、そうしたことがでる時間帯での、お仕事ですよ!

土曜も日曜も祝日もお休みのお仕事です。接客のお仕事をされてきて、一旦退職したけれど、まだまだ元気なので働こうかな?といった方にも1日の勤務時間が短いので無理のないお仕事と言えます。

交通費が全額支給されるお仕事なので、川口市以外から電車で出勤してもいいですね。退社の後にそごう川口やアリオ川口でショピングをしたり、たまには、リリア川口でコンサートを見てから帰宅、といたこともできますね。

本が好きな方なら、川口市以外の方も利用ができる、駅チカの川口市中央図書館がお勧めです。市内在住または市で仕事をしているという方限定で利用できるといったことが図書館では一般的です。

通常、自治体が運営している図書館は、その自治体在住または勤務の方を限定としてサービスを提供しています。この川口市の図書館は、どなたでも利用カードを作成して本・CD/DVDなどを借りることができる、とても稀で、うれしい図書館ですよ。

音楽CDや映画のDVDも無料で借りることもできます。おしゃれできれいな図書館で、お気に入りの雑誌などを無料でのんびり読むのもいいと思いますよ。話しを戻します。

今回のセレモニーでの仕事は、人生の節目にあたる冠婚葬祭に携わるお仕事ですので、大変やりがいのあるお仕事ではないでしょうか。とても喜ばれるお仕事です。冠婚葬祭は、日常の生活にはない神聖なところがありますから、ていねいなこころの籠った対応が必要と思われます。

それでも、未経験からでもできる仕事内容なのでご安心ください、ということですよ。
募集記事には、40~50才代の方が多数活躍されている、60才代の方もいらっしゃると、ありました。

年齢的に引け目を感じることのないお仕事です。まだまだ、現代の60代は元気ですね。現代の日本人は一昔前の年齢の7がけでちょうどいい、ということをよく聞きます。60才であれば、以前の48才といった年齢に相当する、ということですね。(60 × 0.7 =48ですから(笑))

少し管理人の話しをします。2009年の8月、お盆が終わったころに私の父は突然亡くなりました。ご存じの通り、2008年にリーマンショックがあり、その影響で2009年の春にはその影響をモロに受け、管理人は失職します。

これは、長期戦で仕事に就く必要があると思い、まず、アルバイトを探すことにしました。そのアルバイトが、なかなか決まりません。3か月目くらいでやっと決まったアルバイト。その飲食店のアルバイトも、お店の店長が決めていた方がキャンセルして、オコボレを頂戴するといったもので、やっと手にすることができた仕事でした。

そのアルバイトの出勤の初日にです。昼の休憩時間に、あまり電話をよこさない母からめずらしく電話の着信がありました。普段ならば、仕事の初日でもあるので、仕事を終えてから電話を掛ける、そうした性格です。それでも、何か気になり何気なく電話をし、突然、父が朝亡くなったと知らされます。

昨夜から調子が悪く、とても病院嫌いの父がめずらしく、明朝病院に行くことにしていたと後で知りました。朝方、母がトイレに起きて帰りにフト父の部屋を見ると、息をしていない様子。それから大分時間が経過して、警察が入室して調べている最中に私が電話をしたというタイミングでした。

やっとの思いで就けた仕事なので、早退したくない、できないという強い気持ちと、やはり、ここは早退させて頂くしかない、ということが頭の中で錯綜したことを、いまも思い出します。

1週間ほどお休みを頂き、葬儀を執り行わせて頂いたのが、このセレモニーさんでした。マネージャーの方には親切に打ち合わせして頂き、湯かんの担当者の方、司会の若い女性社員、パートと思われる受付の案内係の方、すべての場面で、とてもよくして頂きました。

とても若い女性の方が司会をしてくれて、惚れ惚れするような凛としたしっかりとした物腰、それでいて重苦しくなくさわやかで、立居振舞、落ち着いた話し方で執り行って頂きました。

生前葬式などに興味の全くなかった父も喜んでいるであろう、と思っていました。「この会社はイイ!!」とその時も、いまでも思っています。

セレモニーでは、入社の最初の2日間は本社で研修が行われるということです。とてもすばらしいサービスが学べることと思います。このブログで以前にも紹介させて頂いていますが、いい会社はいいので、また、紹介させて頂きました。興味のある方はフロムエーナビからどうぞ!!