ベネッセケアスタイルでは、介護ヘルパー2級などの資格をお持ちの方のキャリア採用を行っています。
有料老人ホームで国内トップのベネッセコーポレーションでは、あなたの力を必要としています。新卒採用ももちろんしています。
人を支える仕事がしたい☆ベネッセスタイルケア☆

ベネッセケアスタイルでは、全国から、あなたの希望する仕事スタイルを簡単検索することができます。川口市で検索すると、9/3現在で、ボンセジュール川口(川口市朝日5-5-10)の正社員、まどか南浦和(川口市小谷場58)の非常勤、グランダ南浦和(川口市小谷場63-2)の非常勤の募集をしていることがわかります。人を支える仕事がしたい☆ベネッセスタイルケア☆

このうちの、ボンセジュール川口では、募集要項として、ホームヘルパー2級、 介護職員基礎研修 、ホームヘルパー1級、 介護福祉士、 介護支援専門員の資格をお持ちの方となっています。勤務時間は、実働8時間のシフト制勤務(早・日・遅・夜勤) ※週40時間の変形労働時間制となっています。休暇は、4週8休制(月9日程度で、年間の休日数は113日と明記されています。この他に、有給休暇の取得と、前期・後期に特別休暇を取得することができる、となっています。人を支える仕事がしたい☆ベネッセスタイルケア☆

給与は、月給:209,500円~(夜勤手当4回分他含む)です。待遇や福利厚生がとても充実しています。昇給、賞与(年2回)、交通費全額支給、残業手当、資格手当、年末年始手当、退職金、社会保険完備、進研ゼミ3割引制度、産前産後休暇、 育児支援制度(保育園手当・休職制度)、介護休職制度、 ベネッセグループ共済会(福利厚生):スポーツクラブ割引・医療費補助・保養所等あり、 資格取得支援制度(介護福祉士・介護支援専門員)、各種研修制度あり、 60歳定年制(65歳まで継続雇用制度あり)、遠方の方は社宅制度あり(※介護職実務経験1年以上の方、当社規程あり)
と、他にはない充実の制度のもとで働くことができます。お仕事検索は、こちらからどうぞ

このほかに、「中途採用エントリーフォーム」に記入することで、あなたの希望する職種、勤務地、契約形態にあったお仕事を紹介してもらうこともできます。エントリーすると、担当者から説明会と面接日についての確認の連絡が入ります。説明会・面接では、ベネッセで大切にしていること・仕事内容などについて、より詳細な説明および勤務についての紹介がされます。

もし、あなたが希望する条件に合うお仕事がない場合は、登録しておくことで、応募がされた時点で連絡が入るというシステムもあります。どちらでも、お好きな方法でご応募してください。ベネッセケアスタイルは、資格取得のための支援講座が充実しています。ホームヘルパー2級(入社前)、 介護福祉士、 介護支援専門員(ケアマネージャー)、 介護支援専門員の資格取得費用を7万円まで支給してくれます。

これは、一旦本人が費用を全額負担しますが、申請することで、入社後に所定の手続きを経て会社があなたに支払ってくれます。もし、あなたが、独身で遠方からの就職を希望されているなら、ベネッセケアスタイルの社宅制度はとても魅力的ですよ。引っ越し費用として、入社後に10万円が支給され、月3万円で独身寮に住むことができます。敷金・礼金・更新手数料はベネッセケアスタイルが負担してくれるんです。 月に3~4万円はお得な制度です。節約上手な方なら、貯金も結構できるのではないでしょうか。

実際に働かれている先輩スタッフのインタビューがありました。2006年4月入社の元OLの伊東理恵さん、「家族の看病がきっかけで、介護の勉強を始めて資格を取った。 そして、受付や事務を務めた5年間のOL生活にピリオドを打つ。 有料老人ホームのサービススタッフに転職して6年目になる伊東さん。 「ずっと座っている仕事よりも自分に合っていると思います」 仕事は家に持ちこまない主義と話す彼女のストレス発散法は、毎週のように通う海でのサーフィンと仕事の後の一杯のビール。」ということです。

専業主婦から転職された、榊原由佳理さん、「商社に入社して職場恋愛の末、結婚退職。三人の子どもを育てながら 専業主婦を続けていた。幸せを絵に描いたような毎日を 過ごしていた榊原さんが、あえて介護職を目指した理由とは・・・。 入社後、施設介護から訪問介護に働き方を変えたのは、 持てる力を発揮するためでもあり、 理想とする人の支え方を追求するためでもあった。」ということです。

資格があるけど仕事は未経験といった方も、このベネッセケアスタイルなら、あなたのペースで、周りからの支援もうけながら、お仕事ができると思いますよ。業界No1の会社は待遇もNo1ですね。
興味のある方は、人を支える仕事がしたい☆ベネッセスタイルケア☆からどうぞ。
介護職員初任者研修の資格をとってみたい、という方は、シカトルの資料請求からはじめるといいですね。