いまのところの、介護関連の企業でのトップ企業は”ニチイ学館”で、続いて通所介護を全国展開している”ツクイ”、デイサービス”そよ風”を展開している”メデカジャパン”、訪問介護が強い”セントケア・ホールディング”、通所と有料老人ホームの”シダー”などが事業展開しています。

20141105_介護歩行

有料老人ホーム事業を展開している企業のトップ企業は、ベネッセコーポレーションです。ベネッセコーポレーションが展開している介護事業は”人を支える仕事がしたい☆ベネッセスタイルケア☆”という名称で運営されています。

ベネッセコーポレーションの平均年収は944万円。介護事業部門の社員が管理職へ進んだり本部で働く道などもあるでしょうから、あなたがこの年収を得る可能性は十分あるのだと思います。

日本マクドナルドが低調となる前、絶好調な経営を展開した原田泳幸さんがベネッセコーポレーションの社長を2015/07/25現在されています。

社長就任直後に情報漏えいでニュースになりましたが、原田泳幸さんによる経営手法によって今後2位以下に大きな差をつけていく独自経営がこのベネッセスタイルケアでも執り行われていくのだと私は思います。

安心して働ける、ということです。

すこし話しが脱線します。

ネットのクチコミでは、優良企業のことをよくない会社としている方がたくさんいらっしゃります。「大変だよ入ってみてわかった・・」といったことが書かれています。

すぐれた経営者が経営していると、その会社の仕事はキツイのではないか?

と考えてしまうかたも少なくないと推測します。でも、ラクな仕事を社員がしていって、社員みんながラクをしている会社って、どうなんでしょうか?

潰れないんでしょうか?なくならないんでしょうか?

わたしは競争社会で生き残ることはかなりきびしいとおもいます、入社してラクな会社は。だからといってブラック企業を擁護しているのでもありません。

競争で勝っていくためには他の企業よりも優れている部分は必ずあるのだとおもいますヨ。

そして、最初にキツイと感じることもそのうちふつうにできるようにかわります。

能力というのは発達していきます。

タレントのベッキーさんはなにかの番組でそうしたことをおっしゃっていました。

「なんでも最初の1年目が一番大変。」と。

わたしが高校生のころのこと。わたしの高校の社会科の先生が新任で赴任してきました。東大の新卒でした。2年目の授業で授業の前にこんなことを言っていたことを思い出します。

「最初の年は、翌日の授業の準備のノート作りで大変だったんだよ、徹夜をしたり・・・。」と。授業というのは、それまでにある知識でテキトーにしているのではなくって、毎日毎日下調べをして日々真剣勝負で大変なのだと初めて知りました。

そして、1度そうしたノートを作成し終えたならば、だいぶ準備の負担も少なくなって2年目からはラクになるよな、だからいまこうして先生は振り返る余裕ができたんだな、とわたしは感じたのです。

なにがいいたいのか?

というと、初体験という1年目はがんばっていく。すると経験したこと、知ったことをつかって2年目からはグット楽に仕事をすすめていけますヨ!ということです。どのようなしごとでも1年目は大変だとあのタレントのベッキーさんも言っています。

介護のお仕事は”やりがい”のとっても高いお仕事ですから「収入は二の次・・・」といった方々も多いのだと想像しています。ちかごろの若者は、いくら収入が高くっても、ご自分のやりがい、働きがいを感じない仕事はしたくない、というところがあるようですね。

ご自分のやりがい、働きがいを大切にしたいという方々もとても多い。 でも私ならばやはり、将来の可能性として年収がどうなのか?といったことも調べて知っておいたほうがいいともおもいます。

なぜならば、いまは両親と同居していて家賃や住宅ローンの支払いがなくっても、いずれ結婚したり独立していくこともあるものです。お子さんが生まれると必然、家計にかかるお金も増します。なので、これからの人生設計を立てる上で、ある程度の収入の目安を知っておくことは大切です。

「社会福祉施設の人材確保・育成に関する調査」によると、特別養護老人ホームの25歳の職員の平均給与は21万0331円。施設長の月給は49万8674円となっています。

労働政策研究・研修機構の研究員の堀田聡子さんによると、 「性別、年齢、勤続年数など様々な要素を勘案すると、介護職の賃金水準は全産業の中間からやや上」との分析をされています。

そして、介護のお仕事も国家資格をとって確実にキャリアを高めていくと、現在の看護師のように専門職としてなくてはならない人材へとなっていくのだと思います。

では、ベネッセ・スタイルケアはどうなのか?

女性の入社1年目の方の待遇例として、

資格 介護職員初任者研修修了
前提条件 1.残業平均10時間/月2.入社3ヶ月後の昇格試験に合格3.夜勤4~5回/月
月給 250,500円=234,500円 + 16,000円(残業手当)
年収 約320万円※月給 + その他、年末年始手当、交通費規定内支給、賞与

世田谷区のホームではたらく方の例がホームページに掲載されています。

人を支える仕事がしたい☆ベネッセスタイルケア☆は、社員の採用にとても積極的です。介護事業全般についてのホームページは見やすく充実しています。

ベネッセスタイルケアが採用に積極的なところは、たとえば、地方から関東地方に就職したい、という方々には、引越し代を10万円まで会社負担で出費してくれる。面接のための交通費も会社負担です。

正社員を希望される方であればワンルームの部屋を月額3万円で借りることができます。 どのような企業でも独身寮のかたちでマンションなどを会社が借り上げることがありますが、年齢制限があったりします。ベネッセスタイルケアでは、勤務地に近いお部屋を年齢制限なしで借りることができます。

独身寮の入居の条件は、新卒・第二新卒(25歳以下)のかたであれば、これまでの経験を問われません。26歳以上のかたの場合には経験年数1年以上が条件となります。 実家から勤務地へ通える範囲という場合には社宅を借りることができないようです。

利用できる条件や借りられる期間などの詳細はぜひ問い合わせしてみてくださいネ! ちなみに、東京都や首都圏内でベネッセスタイルケアさんが借り上げている間取りの1K(20㎡位)の住宅の家賃は、5~7万円程度ですから、毎月2万~4万円ほど生活費が安くまりますネ。

月に2万が節約できると年間24万円、月に4万円の節約ならば48万円の貯蓄をすることもできますね。

介護業界はまだまだ、かたよった偏見があるようです。そこをうまく利用していくと、採用の部分では競争激化していないメリットがまだあります。

でも、そろそろ待遇改善もされ将来性の高さも分かり出してもきています。介護者の給与改定の法律がことし4月から実施されたことはニュースとなりました。

企業経営者は介護業界に将来性が高いことをわかっています。でも、社員や求職者、従業員層には浸透していません。だからこそ、今がチャンスなんですヨ!!

人を支える仕事がしたい☆ベネッセスタイルケア☆では中途採用を募集中です。採用サイトでじっくりそのよさを確かめてみてくださいネ!