女性に向けたセミナーだけの紹介では不公平と思い調べました。(男女の参加者の比率は半分半分)リクルートが運営しているリクナビNEXTという転職情報サイトでは、「ホンキの転職」という無料のセミナーが開催されています。「ホンキの転職」の無料のセミナーは2/25現在、3月のセミナーに空席があります。

お申し込みはリクナビNEXTの登録画面の右上の「求人転職に関する情報満載【リクナビNEXT】」をクリックして右側グット下にスクロールすると「ホンキの転職」があります。

対象となる方は、

①既卒(就業3年未満)のかた
②新卒(卒業後未就業)のかた
③学生(今年度末に卒業・修了見込み)のかた
④フリーターの方
⑤2016年3月卒業予定のかた

で社員になることを希望されていて就職活動をしたいかたです。

会場は、新橋駅から徒歩5分、銀座駅から徒歩5分。

地図はコチラ。

東京都中央区銀座7-2-6

主催はリクルートです。わたしは新入社員研修でリクルートの研修を受けました。泊まり込み2泊の研修で社会人としての基礎を学びました。企業が必要としている資質を知っているからこそ社員研修でリクルートは定評があるんです。そうした企業研修の実績のあるパイオニアのリクルートの研修なら間違いありません。

企業がなにを考えているのかを熟知しているからです。そこでノウハウを無料で学ぶことができます。

1日のみの集中セミナーの1Dayセミナーと4Dayグループワーク(4日間の充実の研修)の2種類のセミナーがあります。(ホンキの転職のセミナーは泊まり込みはありません、ご安心くださいネ)

人生イチダイの勝負が就職です。4日間の訓練をあなたと同じ思いの同志といっしょに乗り越えていくのがイイと私は思います。ひとりでは乗り越えることができないことでも、仲間がいっしょにいることで乗り越えられることがあります。

ご自分に弱さを感じていらっしゃるかたは迷わずグループワークに応募しましょう。面接は「場数」だと前回の当ブログでお話しさせていただきました。グループワークはなんどもなんども面接の練習をしていきます。繰り返すことで、コツがつかめるハズです。ココを契機に人生を飛躍していくことができます。

1Dayセミナーは、1日の3時間の間に「企業が求めている人材」とはどのようなヒトなのか?といったことを学び、そうした人材となれるように「面接の練習」を行っていきます。もちろん、企業への応募があって、書類選考が通ってはじめて面接の場に進めるので、履歴書の書き方についても学ぶことになるのだろうと思います。

求人に応募する際には、エントリーして履歴書をあなたが送ることになりますけれど、

履歴書では何がいちばん大切なのか?ご存知でしょうか?

・写真はスピード写真ではなく、写真屋さんで撮影したものを貼る。写真撮影では男性はワイシャツにスーツでネクタイを締める。女性はジャケットをきブラウスは白。
・誤字脱字がないことをなんども確認して、たとえ間違いが見つかっても、修正液などで修正せずにあらたに書いていく。
・年月日は履歴書を記入した日ではなく、提出または郵送するその日付を記入する。
・本人希望欄には、「できれば・・」といった程度の希望を記入するのはNG。求人募集の内容にそった希望があれば記入する。
・履歴書の使い回しはしない。

こうした基本ができた上で、もっとも重要なのは志望動機」と「自己PR」です。

「当社に応募したのはなぜなのか?」が採用側がいちばん知りたいことだからです。

「何をもったいぶって・・・」と思われるでしょうか?

「入社したいから応募したのに、なんでその理由とか動機を細かく聞かれなければならないのか?」と思われるでしょうか?

たぶん、採用の際に応募してきた方々の、応募者されたみなさんの能力というのは、あまり違いはないのだと私は思います

そして、企業で働くということはザックリいうとそれは、「場をワキマエル」ことです。

能力はたぶんみなさんオンナジですけれど、どのくらい「場をワキマエル」ことができるのか?が採用の際に試されているんです。

「場をワキマエル」ことはその方の能力とは違った部分です。(誰もいっていない、どこにも書かれていないと思います)

会社は何をしているのか?
あなたの就くであろう職場では何が大切なのか?

といったことをあなたが理解していなければ、会社の求めるような働き方はできません。

そして、採用の時点の採用面接。その面接そのものを、どのような場面とあなたは理解しわかっているのか?

といった事を

どのように考えて、どのように取り組み、どのように対応してきたのか?

で、採用担当者は見ようとしています。

「場をワキマエル」ことができるのだろうか?

こうした問題提起を企業側がしています。(採用者本人はかわっていないかもしれませんが・・)

その問題提起にあなたが答えていく。コレが就職活動であったり転職活動の根本にあります。

「場をワキマエル」の中でも、いちばん大切なことは、「採用するという場」をわきまえているか?です。

採用というのは、この世の中でいちばん高い買い物を企業側、採用側はしようとしている場だということです

何を買うのか?と言われればそれは、「あなた」をです。(「買う」という言葉を「投資」に置き換えてみてもいいでしょう)

いまの時代、1人の社員の採用では企業は退職までの間に3億円~1億円の給与・ボーナスや社会保険費用、退職金といった支払いをしていくことになります。とっても高い高い買い物をする、それが採用することに決めるということです。マイホームを購入すること以上におおきな大きな決断を採用側はしようとしています。

1億円の買い物をしようとしているのに、その説明書に誤字脱字があったり、修正液で書き直しがあったら、あなたはその品物を欲しいと思うでしょうか?

なんでもいいんです。ダイヤモンドでもいい。自家用のセスナでもいい。豪邸でもいいんです。そうしたもののパンフレットがあなたが記入する履歴書です。

かなり重要な書類なんです。とっても気持ちを込めてていねいにていねいに書いていく必要が必ずあるんです。

車にたとえてもいいんです。3億円の最高級車のパンフレットにプリクラ程度のシールの写真が貼ってあって、「この車はいかがでしょうか?」とお店の販売員に言われて、欲しいとあなたは思うでしょうか?

「バカにするな!!・・」と怒り出すくらいのことにもなりかねませんよね。3万円のプラモデルでも怒りたくなるかたもいやっしゃるのではないでしょうか?

写真もとっても気持ちを込めて撮影にのぞむ必要がありそうでしょう?

求人に応募して履歴書を提出し面接していく、といった一連の流れの中で1つ1つの「場をワキマエル」をしていって、企業側が「ちゃんとわかってるな・・」と判断すると、内定します

その内定者に対して採用側は「たぶん、入社してからも『場をワキマエテ』働いてくれるであろう。」と考えあなたを採用することに決断するんです。

この場はどういう場なんだろうか?」と意識しながら真剣に真面目に対処していく

そうです。能力ではなくって、「意識」の度合いが勝負のしどころなんですヨ!!!

チュウチョするより行動すること。するとツキと運が高まるんですヨ。

それでもチュウチョしてしまう方には、「自分をどこかに放り込む!」そんな乱暴な気持ちが大切です!!

乱暴に放り込むことが、じつは自分を大切に生きることなのだと気づく日がきっとくるハズです。

(「乱暴」というのは、1つのたとえ話しを申し上げると、泳いだことのないちいさな子供を海に放込む、そうしたことです。すこし極端な例かもしれません。でも、きびしい親はそうして子供に自信をつけさせます。なぜならば、人間にはもともと泳げる能力があるからです。溺れることはありません。

最近のテレビでもどこかの俳優さんは父親から実際にそうされて育ったと話していましたし、わたしの叔父もホントに海に放り投げて育てた親です。放り込まれた子供は溺れ死んではいませんヨ。

もともと、仕事ができるように作られているハズなんです。もし、なんどもうまくいかずに仕事を辞めたという方がいるのなら、それは、ホントにしたい仕事をあなたが選んでいなかったのではないでしょうか?

わかりやすく数値化すると、時給900円の仕事をホントはあなたはのぞみしたいと思っているのに、ミエや欲張りで1,200円の仕事をえらんでしまった。他人の目を気にしてしまっている。ソコで自分を見失う。ホントにはしたい仕事ではないので、そこでしくじる。こうしたことがとっても多いと推測しています。

ココでやめてしまう。泳ぐことを。つまり働くこと自体をやめてしまう。じつにモッタイない。ホントのあなたののぞみに向き合えば、いくらでも働き口はあるんです。必ずある!

ひとりでガンバルことはやめにして、人のチカラを借りてみる。こうしたことも勇気です。楽になっていんですヨ!!)

メールの送信、電話での問い合わせ、企業へのエントリー、企業説明会への参加、履歴書の作成、面接、といった1つ1つの場面の「場をワキマエル」とは、どういうことなのか?

手を抜かずに、意識しいくと、ほかの応募者とはちがった印象、「イイ感じ」(いっしょに働きたい気持ち)をあなたから採用側に感じてもらうことができます。

就職活動での「場をワキマエル」でじょじょにあなたは「仕事とは何か?」がわかりだします。すると採用されて働き出したときに、その「場をワキマエタ」ことがいかせるハズなんです!

「ホンキの転職」の無料のセミナーは2/25現在、3月のセミナーに空席があります。

お申し込みはリクナビNEXTの登録画面の右上の「求人転職に関する情報満載【リクナビNEXT】」をクリックして右側グット下にスクロールすると「ホンキの転職」があります。