矢野経済研究所の調査によると、ブライダル関連の国内の市場規模は2兆6000億円。

この市場規模に近いのは、教育・学習支援の市場が2兆2000億円、化粧品の市場が1兆4000億円、出版業界の市場が1兆8000億円。

晩婚化とか独身世帯が増えているといわれているけれど、今回ご紹介するお仕事のブライダル市場は、この6年ほど横ばいで、確かな市場が存在しています。(そして、ディアハートさんは、これからのトレンドのリース業を展開しています。”所有”から”借りる”へ時代が変わっていくことはカリスマファンドマネージャーの藤野英人氏の見解でもあります)

市場規模はかなり大きい。ということは需要が高いということ。そして日本は今後もデフレがつづきます。内需中心の日本経済では人口統計でわかること。夢の実現と憧れの一生に一度の晴れ姿。でも節約もしたい。ドレスのリース業は今後成長する可能性がかなり高いハズです!

化粧品の市場よりもブライダル市場のほうが「大きいの?!」と思われる方も多いと思います。

(少子化の流れで医者志望の医学生が産婦人科医を避けた結果、産婦人科医が極端に少なくなったように、いまブライダルを志向する若者も少ないにちがいありません。だから穴場なんですヨ)

一生に1回(または数回?)のブライダルのためなら、お金を使う方がたが多いのは、日本に限らず世界的にも言えることなのでしょう。

ウエディングドレス

ディアハートでは、ウェディングドレスのクリーニング配送スタッフとメンテナンススタッフを未経験OKで募集しています。はたらいくで、12/22まで掲載しています。応募はお早めに!!

勤務地は川口市で、埼玉県川口市東領家4-14-7(東京支社)です。川口駅よりバス15分ということです。車・バイク通勤可となっていますよ。

資格は、普通免許をお持ちの方で、中型免許取得者歓迎!!となっています。アルバイトの方は週4日~OKとなっていて、社員ももちろん募集しています。勤務時間は、9:00~18:00で残業ありとなっています。

アルバイトは日給8,000円です。時給は950円となっています。研修期間1~3ヶ月は日給は7,200円です。正社員は月給22万円+諸手当となっています。社員の場合、賞与、社会保険完備、役職手当が加わります。詳細は面接などで確認しましょう。社員の休暇は週休2日制となっていますが、繁忙期は土曜日の出勤があるとなっています。

今回の募集記事には、年齢条件がわかりません。女性男性による振り分けがありません。性別は不問です!企業ホームページでは、20才~35才となっています。参考にしてください。女性が無難ではないかと、管理人は思います。思い入れがわかるでしょうから。(募集記事にはすべて男性スタッフが写真で掲載されてもいます。感じ取ってください!)

クリーニング技術がとても高い会社のようです。職人の厳しい仕事姿がホームページに掲載されていて、工場という少し暗い無機質なイメージとは一線を画す室内の職場風景が印象的でした。

仕事内容は、「ドレスショップやホテル会場へ集荷、配送する業務です。社員にはしみ抜きなどもお任せします。ディアハートの顔として丁寧な対応を心掛けていきましょう!!未経験の方にも丁寧にお教えします!!」ということです。

本社は兵庫県で、埼玉、福岡、群馬に工場がある会社です。ウエディングドレス、和服、タキシード、劇団衣装など華やかな舞台で着飾る高級衣装をクリーニングして集配を行う企業です。

社長のあいさつを企業ホームページでみられることをお勧めします。とてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。クリーニング技術も卓越していると思います。通勤は私服でいいそうですが、勤務時はスーツの着用のお仕事です。

ウエディングがメインのお仕事と思われます。女優さんが演じる際に御召しになる衣装も取り扱っていれば、仕事のやりがいもひとしおではないでしょうか。とても繊細な仕事が求められるでしょう。こうしたことが好きな方には、たまらない仕事ではないでしょか?

すこしでも興味がわいた方ならば、バイトで”のぞき見”してみてイイ。

おもしろいのではないかな?と思います。

あまり出会えないお仕事でしょう?

職人気質にも触れてしまう。プロの職人さんの顔・手・仕事への思いなどを吸収すると、あなたの一生モノの体験になるにちがいない!

ウエディングドレス_後ろ姿

そこで、あなたの目が輝きだしたのなら、ソコの職場を続けてみる。仕事とは、”働かされるもの”と思ってこられた方が、自分から関われるようになると、グット仕事の楽しさを味わうことが出来るハズ。(そうなったらシメタモノ!)

企業の経営状況を第三者機関から調べることができませんでした。職場が活気があるか、厳しい中にも喜びのようなものを感じ取れるか、面接などで雰囲気を確認しましょう。

できれば、雇われているといった意識ではなくて、自分が会社の顔になってみよう!とおもって働くことです。

(わたしは、経営者目線で普段仕事をしているつもりです。わたしがいる限り会社を潰さない!いつもそう考えています。スキあらば、自分が経営者になってやる・・と思っていますヨ。「ソコでウダウダしてると乗っ取るゾ!・・」と。半分冗談で半分マジ。するとかなり楽しめる)

映画やテレビなどで、あなたが携わった衣装をみかけることができたなら、うれしいですよね。仕事に誇りを持ちたいという方にもお勧めしたいです!

興味のある方は、はたらいくからどうぞ。12/22まで掲載しています。応募はお早めに!!

 企業ホームページは、ディアハートからどうぞ。

わたしは女性ではありませんが、ディアハートさんのあのような仕事の空間が好きです。ワイシャツをプレスして袋に入れるといった無機質な工場のようなクリーニングとは異質な、そこは「工房」のような世界。ひとの肌の感触がドレスから感じ取れるようなアナログな世界。ぜひ、ご覧になってみてくださいネ!