去る、3/20、川口市主催の「仏像めぐりバスツアー」に参加させて
頂きました。

川口市の広報をみていて、なんとなく申し込んだので
どういう仏像をどのように鑑賞するのか知りませんでした。

年に1度のツアーということで、
今回の倍率は3倍とのこと。
会費は500円。

川口市在住ではない方も応募ができたそうです。
興味のある方は、来年の川口市立アートギャラリー・アトリア
のホームページでチェックしてみてください。

参加人数は26名で、
定年退職された方、ご夫婦、
20代前半位の女性友達など
若い方から60才代くらいの方々。

とても詳しそうな方もいたり、
わたしのように、仏像は
はじめてといった方などいろいろな方でしたよ。

時間は昼過ぎから16:30までで、
2か所のお寺を巡りました。
時間もちょうどよいと、個人的には思いました。

仏像コラムニストの宮澤やすみさんの解説がある
ということで、楽しみにしていました。
実は、私は存じあげていなくて、
女性の学芸員のような方と勝手な想像をしていました。

とても、気さくな方で、講師という感じでもなくて
はじめての人向けに、やさしい説明をして頂きました。

実は、宮澤やすみさんは、NHKの「こんにちはいっと6けん」
にも出演されていて、民放でも
マツコデラックスさんと対談された方です。

最初は、マツコデラックスさんは、
こわい人かな、と思っていたそうですが、

実際にお会いすると、
とても頭のよい、やさしい方でした、といった
楽屋話のようなことをバスの移動中にされていましたよ。

バスに乗る前に、川口市アートギャラリー・アトリアで
簡単な鑑賞のためのレクチャーをして頂きました。

仏像はおおきく分けるとキャラクターを4つに
分類できる、というものです。

こんな視点で仏像をみたことがなかったので
管理人Junjunは、その時点で、
経験値が1あがりました。すでにお得気分でしたね。

4つのキャラクターって?わかりますか?

1つは、如来。
おめめパッチリのキャラクターで、
お釈迦様がブッダになられた、4つの中で
最高の位をあらわした仏像です。

髪がくるくるした、螺髪になっています。

2つめが、菩薩。
変化(へんげ)するのが特徴で、
どんな人でも助けてくれる存在です。
観音菩薩といわれるのも菩薩キャラです。

3つめが、明王。
コワイ形相で、筋骨リュウリュウの
立ち姿をみたことがあるのではないでしょうか。

うしろには、炎が彫られていたりしますが、
不浄を浄化する力が象徴されているそうです。

そして、4つめが、天部。
天部というのは、あまり聞いたことがありませんでした。
仏教は、インドが発祥です。

インドに仏教が生まれる前にあった、
インドの神話の神々をあらわした仏像です。

守り神として表されていて、
男と女の区別がはっきりしている像です。

これらの4つの種類のうち、
「この仏像は、どのキャラクターかな?」
といった見方をしてみるのが
いいそうです。