201502_伊勢外宮

今回はお仕事のお話しではありません。(申し訳ありません)じつは、いま遅いおそーい正月休みを頂いて伊勢神宮にお参りにきています。今回の旅行は妻との休暇の調整がつかなくってひとり旅となりました。(変ですか?放し飼い夫婦です(笑))

ここ数年、なぜか「伊勢神宮に行きたい・・」と思っていて、今回の旅は一人旅になることも前々からわかっていて、「やっぱり旅行は相方がいないと楽しくないナ・・」と思いながらも、ふだん連休がもらえない仕事をさせて頂いているので、「せっかく連休をいただくんだからどっかに行ったほうがいいんじゃないかい?」と自問すると、「ならば、やっぱ伊勢参りでいいんではないの?」ということです。

伊勢外宮横丁通り

たぶん、お正月にみなさんが神社で初詣するような感じ、と同じような感じで日本の神社の根本で拝んでみたかった。

昨日朝早く埼玉県川口市の自宅を出て今朝は伊勢市内で朝を迎えておりますル。

昨日は東京駅から新幹線で名古屋経由で伊勢市に到着したのが昼すぎ。昼食をとってから外宮にお参りをしてきました。平日でしたけれどやはり日本の信仰文化のテッペンに鎮座されている伊勢神宮にはたくさんのかたがたが参拝されていました。どこかの団体さんが背広の正装でお参りされているのも見かけました。

おひとりで参拝している方、ご家族連れ、学生さんでしょう7~8名で卒業旅行なのでしょうか?おみやげ屋さんで楽しそう。ご年配のご夫婦が正宮(しょうぐう)賽銭箱よりも内側の敷地に入って宮司さんに付き添われて手を合わされているのを撮影禁止の立札の立った外側から見させていただきました。

お参りしてみて。

特別につよい感慨といった風ではありませんけれど、なにかジンジンとしたものは感じ取りました。カミサマから。丹田に満たされていくなにかを感じます。

伊勢_内宮

「コレって何?」と考えたりコトバに置き換えようとしてみても言葉になりません。表現のしようのない何かデス。

ホテルに帰ってから考えてみたことは、「永平寺の独特の気と似ている。」でした。現在進行形で祀られていることと修行僧が毎日修行している空気感には似ているなにかがありそうです。

伊勢市は昨日は雨が降ったのでしょうか。ちょうど雲がかった空模様から薄日が雲のすきまから射す太陽の光は、アマテラスさんがお出迎えをしてくれているようで(自意識過剰?)幻想的でもあり、すがすがしい気持ちで参拝させて頂きました。

今日は内宮にお参りする以外はかなり未定。
さて今日はどうしようかな?