予期せぬ倒産などによる離職は、仕方ありませんが、はやり、転職は、職を辞める前に進めていくことを、お勧めします。日々の生活費が確保された中で探すことと、職を失ってから探すのでは、精神的にも大きな違いがあります。離職してからの転職では、期間も短くなり、本来の希望条件に満たない会社に入社してしまうリスクも高まります。

転職を希望されている方は、まず、なぜ転職したいのかを、もう一度確認してください。できれば、今の仕事の良い部分と悪い部分を箇条書きで、書き出せるまでノートに書きましょう。もう絞っても何もでてこないというところまで、やってください。そして、悪い部分の一番悪い部分は、何なのかを追求してください。

転職を希望されていると、良い部分があまり思い浮かばないかもしれません。それでも、悪い部分の半分くらいの数の良い部分も記入してみてください。給与が安い、上司とそりが合わない、残業時間が多い、仕事を教えてもらえない、など、ノートの左側に記入して、右側には、生活できる給与が支払われている、残業代が支給されている、病気の日には有給が利用できる、家からの通勤時間が70分以内、週に1日はお休みがあるなど、良いとか普通といったことを記入していきます。

ホントに辞めたいことは何かを突き止めていきます。辞めたいことは何かがわかったら、それを改善していくことはできないかを次に考えてください。たとえば、上司と合わないといったことは、相手の性格のようなところもあるので、改善策が見つからないかもしれません。

それでも、周りを見渡してみて、その上司とうまく立居振る舞っていたり、そこまではいかなくても、やり過ごすことで気にしていないといった同期の社員や先輩、後輩はいませんか?もしかしたら、そうしたことをあなたが見習ってやってみることで、問題が解消するかもしれません。こうしたことを、できれば、自分がその職場ですべきことを全てやった、やってみたけれども、どうしても辞めることがいい、というところまでがんばってください。

転職にも卒業パターンと落第パターンがあります。落第パターンで職をやめると、新しい職場でも、似たようなことが起こります。あなたがしていくこと、あなた自身の課題があなたの前で待ち構えたまま、といったことになります。転職の基本は、卒業パターンです。「自分のやるべきことはすべてやった。」といった確認をした結果、転職していくしかない、と思える転職です。

「世の中には、2種類の人間しかいない。現状で満足している人間と、もっとよくないたいという人間」(運を味方にする達人 中谷彰宏署 PHP文庫)

在職中または、離職されてお仕事を探している方なら、プロのコンサルタントがあなたの味方になる、人材バンクネットの登録で、より良い転職に近づけます!

たとえば、あなたが経験してきた経歴で、今以上の職につけるのか?と疑問に思ったことはありませんか。「大した仕事、してないし」は大間違いかもしれません。自分の価値は、自分で気付きにくいものです。あなたの「外でも通用する力」をコンサルタントが査定してくれます。転職しないかも派も歓迎です。ということですよ。

もし、あなたが、転職に行き詰っている。どう探したらいいのかわかかない。履歴書や職務経歴書の書き方がいまいちわからない。応募は沢山しているのに、面接に至ることがとても少ない。面接で手ごたえをあまり感じたことが無く、どこが悪くてどう改善したらいいのか、わからない。このように、適職探しを一人でするのはとても大変なことです。プロにあなたの経験を話して、希望なども伝えることで、転職支援のプロの視点を借りれば、「へえ、こんな仕事もあったんだ」といった意外な仕事に出会える確率がぐんとアップすることもあります。

転職チャンスを逃さないためにも、プロのコンサルタントのアドバイスをぜひ受けてみましょう。
人材バンクネットは完全無料で利用できます。スキルシートを記入して登録後、あなたが希望する職種からコンサルタントを指名することができます。人材バンク(人材紹介会社)とは、厚生労働大臣の許可を受けて職業を紹介する民間の職業紹介業のことです。

求人企業と求職者(転職希望者)との間をとりもつ仲介役です。求職者には求人の紹介を、企業には人材の紹介をしています。正社員での転職を考えている人に、求人の紹介はもちろん、キャリア相談・カウンセリング、転職活動アドバイスをしたりなど、あなたのキャリアプランニングをサポートするのが人材バンクなのです。

自分一人ではわからない求人企業の特徴など、独自情報も豊富です。登録料・紹介料などは無料です(一部職種を除く)。初めての人でも安心して登録できます。
「人材バンクって、積極的に転職したい人が行くところでしょ」とよく聞かれますが、「転職しないかも派」も大歓迎です。じっくりお話を伺った上で「今、転職しない方がいいですよ」とアドバイスすることは、よくある。ということです、安心して利用できますね

「これから先、自分にはどんなキャリアがあるんだろう」とモヤモヤしているなら、ぜひ一度、カウンセリングに行ってみてください。転職のプロであるコンサルタントが、豊富な転職の事例を元にあなたの話を伺いながら、アドバイスします。コンサルタントと話すうちに「意外と今の職場って、恵まれてたんだな」とか「今が転職チャンスなんだ!」など、モヤモヤが晴れるはずです。気軽な気持ちで、どうぞ。ということです。

人材バンクネットなら、あなたの「できること」「やりたいこと」「やるべきこと」を掘り起こし、転職のプロの視点であなたに合った仕事をご紹介。例えば、人材バンクの面接指導で、苦手だった面接を乗り越えた人や、「経験2年だから無理?」と思っていた人が、「密度の濃い仕事をしてきているから、大丈夫ですよ」とアドバイスされ、新たな可能性を開いたケースは、たくさんあります。

転職を考えた時、これからのキャリアについて考え始めた時は、気軽に面談・カウンセリングを受けてみましょう。3~5社の人材バンクと面談・カウンセリングをしてみると、いろんな角度からの気付きや発見が。人材バンクにはそれぞれ特徴があります。自分に合った人材バンクを見つけてみてください。

社会人1、2年目の人も、歓迎です。第二新卒の求人に、強い人材バンクもあるからです

転職のプロであるコンサルタントとの面談・カウンセリングで、「この経験は、こんな企業で必要とされているんです!」と教えられ、自信をもって転職できたという話は、よくあるエピソード。コンサルタントと話をする中で、自然にキャリアの棚卸しができ、自分の強みに気づくからです。気軽に面談・カウンセリングを受けて、可能性を広げてください。キャリア相談だけでも、歓迎です。 ということです。
転職をお考えの方は、人材バンクネットからどうぞ!!