中途採用の面接が新卒採用の面接と大きく異なるのは、人事部の採用担当者以外に募集部門のマネージャーが直接面接官として登場してくるところにあります。

そして、人事部門よりも募集部門のマネージャーの意向が内定で大きなはたらきをしていきます。たとえば、ある応募者での面接で、そのひとの評価が割れた場合。

人事部担当者はNGでは?と判断しても募集部門のマネージャーが積極的に「あの人と仕事がしたい!」と評価すると、内定の可能性がかなり高まります。

なにがいいたいか?

というと、中途採用での採用企業での採用の主導権は募集部門=現場にあるんです。逆に言うと、人事部担当者に高評価であっても、募集部門=現場で「NO!」と判断されると採用されません。

ココが新卒採用=就活での面接と中途採用での面接での1番大きな違いです。

こうしたきびしい見方のできる一方で、中途採用での面接のキーマンはじつは人事部の採用のプロではありません!

募集部門=現場のマネージャーは採用手法を熟知してはいません。日々面接することが仕事ではありません。なぜならば、人事部のひとではなく、日常業務は人事以外の専門分野があるからです。

ズバリいわせていただくと、中途採用での面接官のキーマンは面接のプロではありません。

わたしはシステムエンジニアを生業としていた時期には、派遣先でのスキルチェック(面接)をたくさん経験してきました。受かる面接がどのようなものかを熟知しているつもりです。

それでも、おなじようなに面接に臨んでも、受かる場合と落ちる場合がありました。お互いの相性ということもあるでしょうし、わたし以外の応募者の方が気に入った、ということもあったことでしょう。

理由は聞くこともできませんし、あとで振り返ってみても改善点を見つけ出せないこともありました。そうした時には、あまり気にしないこと。

なぜ気にしない方がよいかというと、キャリアアドバイザーの細井智彦さんによると、

「よくもわるくも、ひとりの生身の人間(中途採用での面接官のキーマン)が、

面接の専門的なノウハウも持たずに、1時間ほどの対話で採否を決める。」そんな場だからです。

連絡せずに遅刻する、遅刻しても詫びない。
コートを着たままで入室する。
机の上にカバンをおく。
面接官を座ったままで迎える。
椅子に深々と座る。
スーツに白いソックス。
強すぎる香水。

では何を気をつければよいのか?という回答は、面接でのタブーを犯さないことです。リクルートエージェントで長年キャリアアドバイザーをされ著書多数の細井智彦さんは、上記のタブーを犯してしまう応募者が少なくないとおっしゃります。さらに、

面接官の話しをさえぎる。
前職で「やらされた。」という口癖がある。
「やってもらえなかった。」と前の会社を批判的に表現する。
面接を勝手に仕切る。
企業機密のようなことを暴露してしまう。

といったことをしてしまうと、「ビジネスマナーがない。」と判断され内定を得ることができません。逆に言うと、こうしたことはしないように気を付けるダケでもグット採用の可能性が高まります。