ヒューマンタッチでは、東京都が実施する「若年者緊急就職サポート事業」を受託して運営しています。このプログラムは、生年月日が昭和58年4月2日以降の方で、平成22年4月以降に学校を卒業された方で、かつ現在正規雇用で働いていない方。または、平成22年3月以前に学校を卒業された方で、最終職歴が非正規雇用である方が対象です。

簡単にいうと、生年月日が昭和58年4月2日以降の方で、今年の3月に大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等又は高等学校を卒業した方で現在正社員として仕事をしていない方。または、生年月日が昭和58年4月2日以降の方で、昨年以前の既卒者の方で、最後に仕事をした仕事が正社員での雇用でなかった方。これらのかたが対象です。もちろん、第二新卒の方も該当しますね。おおむね30才までの方が対象です。

但し、この他に3つの条件に該当する方が対象です。
1.直近2年以内に非正規雇用としての就業期間が合計6ヶ月以上あること
2.直近2年以内に正規雇用の職歴が合計1年を超えないこと
3.直近1年以内に就業経験があること

これは、管理人の独断ですが、基本的には、正社員で就職したい方で、勤労意欲はある方であれば、上記に該当しない方でも、問い合わせてみたり、説明会に参加する方向で粘った方がいいと思います。ダメでモトモトです。まずは、ヒューマンタッチに電話で問い合わせてもいいですね。

あなたが、登録すると、3か月間、ビジネスマナーやコミュニケーション技法などを学ぶことができます。この期間中に、キャリアカウンセラーによるカウンセリングやアドバイスを受けることができます。就労体験期間中も給与が支払われます。

あなたが、条件を満たして登録すると、あなたの希望を考慮しながら、就労体験の場となる企業を紹介してもらいます。選考を経て就労体験の場となる企業が決定したら、2週間の準備研修の後、派遣社員として就労を開始します。派遣社員としての就業期間終了後、派遣先企業との双方合意があれば、正社員としての入社が決定します。

インターンシップというのをご存じでしょうか?通常は学生時代に実施して就労体験することをインターンシップといいますが、今回のプログラムは、社会に出た方を対象にしたインターンシップというとらえ方でいいと思います。インターンシップの延長線に正社員が用意されているというところがいいですね。東京都がバックアップし、運営は民間企業のヒューマンタッチが行っています。

勤務時間は8時間が基本で、体験期間中は時給が950円で別途交通費が支給されます。勤務地は新宿(予定)となっています。企業合同説明会が5/13(月)の近々に実施されるので、いますぐ登録をお勧めします。
5/13(月)当日持参するものは、印鑑、筆記用具、履歴書(写真貼付)、本人確認のできる書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)です。※履歴書の志望動機には本プログラムへの参加理由を記載ください。となっていますので、なるべく具体的に志望動機を記入しましょう。職種や業界を絞ってみて、なぜそれがしたいのかを記入するといいですね。当日はスーツ着用となります。

希望者はヒューマンタッチにご登録いただいた後、カウンセリング等を通じて就労先をご紹介します。就労先の選考を経て派遣就労が決定した方から、ヒューマンタッチと3ヵ月間の雇用契約を締結します。2週間の準備研修、派遣就労期間終了後、派遣先企業との間で合意に至った場合、正規雇用としてご入社いただきます、ということです。
興味のある方は、ヒューマンタッチからどうぞ!