湯島鍼灸院の元院長の五味彰先生について、もうすこし。
仕事の向き不向きといったことを考えてみたいからです。

五味先生は、大学を卒業後に普通のサラリーマンをされていました。その最初の仕事で、「自分には、向いていない。」と思われます。それから、鍼灸の専門学校に通われて、そこで卒業間もないころから生徒に教える程になられました。

卒業して学校で教師をしながら、とある鍼灸院で働きます。それと同じころ、東大出の傑出した鍼灸師の指導を受けることで、五味先生は鍼灸の極意を得ます。その東大出の先生は、「すごい先生でしたよ。医者が調剤を教わりに来る。先生は、漢方の処方の仕方を指示していました。でもあまり有名にならなかった。目立つのがきらいな方で・・・」。

五味先生は、占いをします。手相などはわたしは見られたことがありません。初診の際に記入する生年月日で見られていると思います。ベッドにうつぶせて待っていると、程なく先生が入られてわたしの頭側に立たれて診断が始まります。

指から気をためて丹田で1つの塊を作り、そのカタチで判定しているのだと、勝手に思っていたのですが、実はOリングで判断していることを最近読んだ書籍で知りました。不定愁訴のような病は西洋医学よりも中医学がいい、ということは、その頃に知っていましたが、この五味先生は未病も逃さず発見していきます。

実は、わたしも除霊をして頂いたことがあります。家族で海の眺めの良い旅館に一泊旅行に行ってから、どうも体調が思わしくない。胃のあたりが強張り体が重い。実は不思議なことも重なっていたので、観て頂くと、2体ついていて取り除きました、と言われました。

いつどのように?ということが全くわからないうちに、です。すると、体が軽くなることを実感しました。「方位は大切で、悪い方位に行くと色々なところで拾ってしまう。仕事で行くのであれば問題はないんです。」という言葉を思い出します。
それでも、仕事でも悪い方位はやはりあまり良くないと管理人は思っています。

方位というのは、生まれ月でその年やその月の吉方、凶方を暦で簡単に調べることができます。自分の住んでいる場所から南が吉方とか北西は今月は凶方ということがわかります。神明館蔵版の「運命宝鑑」がとてもいいですし、当たります。その年の運気がわかり、月ごとの運気、日ごとの運勢が書かれています。管理人は、年末に1冊購入することが習慣になりました。

温泉旅行などでも、吉方方面に行くといいことが続きます。このところは悪いことが起こりません。「方位とり」といって、吉方に行ったり連泊して、運気を上げていきます。吉方の由緒正しい神社にお参りに行くとか御札を頂いて祭るということもしていますよ。

人間は輪廻転生のサイクルを回りますが、オモイ(魂)のようなものがとどまる、ということがあるのでしょう。葬儀をしてもらったり、病気で徐々に・・という亡くなり方であれば本人も納得がいくものでしょうが、不慮の事故や天災で亡くなり遺恨を残すと、そこで留まって、このサイクルに乗れなくなる。(地縛霊といいますね)

ホンキの転職

そうした思いが、本来のすみかではない他人の体に入ろうとすることが憑依です。こうしたことは見ることは普通できませんが、私はカラダの感じで体験していることなので、アルと思います。室内を清潔に掃除などをしているとばい菌を寄せ付けず健康が保てるのと同じように、自分の心を清らかにしているとそのような憑依の問題は最小限になると思います。

心が暗くなると、暗さの波動のよろしくないものを引き付けます。オーラの泉で有名になった江原啓之さんも、若い頃には、実際のこの世の人と向こうの世界の人が同じように見えて苦しみ、ご自分の意識を高めるために、日本心霊科学協会に通われ問題を解消されました。

江原啓之さんに失礼な言い方になるでしょうか?ご自分の意識が低いと低いものが見えてしまう。高めると見えたくなる。

管理人が湯島鍼灸院に通っていた頃、先生は来院された方々の体の治療にとどまらずその方の相談にも乗っていました。体調不良の原因、家庭内の問題、仕事の課題解決、恋愛、結婚など。管理人には、「あなたは、自分のこころが喜ぶことを仕事にするのがいいです・・」とアドバイスを頂き、日常での指針のようになっています。

先人が開発し継承してきた占いという技術なら、自分にでもできるのではないか?五味彰先生は鍼灸院を営みながら独学で、色々勉強していかれたということです。人相、手相、家相、墓相、気学などを学びます。そして程なく先生の占いが当たる、と評判になりました。いまでは、有名な方々のかかりつけ医のようなこともされているようです。(追記:2013年には引退されています)

出版社のインタビューでは、「医者のかたも相談にきます。」と仰っていました。お医者さんが指導を仰ぎに訪れるということです。凄すぎます。YouTubeで出版社のインタビューを簡単に検索できますよ。

川口若者ゆめワーク

わたしは教わった方法の瞑想はできませんでしたが、五味先生から瞑想の仕方をお聞きしたことがあります。

般若心経を唱えてから瞑想に入るということで、「時間は何時がいいですか?」と問うと、朝の4時くらいからがいい、ということでした。確か1時間程されていると聞きました。周りが静かなこの時間帯が深く入れる、ということでした。

普通のサラリーマンではなかなかこの時間帯では難しいですね。それでも、早朝に機会があれば、やってみると、その良さ、清々しさを知ることができるかな、と想像しています。

いまは、先生は復活されていて、月曜と木曜日に湯島鍼灸院で主にヒーリングと占いで診て頂けるようです。完全予約制です。料金は10,000円。
興味のある方は、湯島鍼灸院にお問い合わせされるといいと思います。(追記:五味先生は2013年に引退されています。湯島鍼灸院は弟子の方が引き継がれ、五味先生とそん色ないハリの腕前です!!)

五味彰先生は鍼灸で本来の能力を発揮されてドンドンとご自分の活躍できる分野を広げていかれました。でも、サラリーマンではダメとすぐ諦めた方です。

ご自分の向き不向きを素直なココロで感じ取る。

すると、適職とか天職に巡り合ってご自分の能力を開花させることができることを身を持ってわたしに示してくれた典型のような方に思います。

かつて毎週通っていた湯島鍼灸院をこのところ気になり出しているので、管理人も、そろそろ何かあって呼ばれているようなので、そのうちお伺いすることになるでしょう。
湯島鍼灸院