ここのところ、本業で徹夜がつづき、ブログが書けませんでした。すみません。さらに、これから旅行に行きますので、さらに記事を書くことができません。1つの記事を書く時間がかかるタイプなので、ということと、タブレット端末といったものを持ち合わせていないためです。

ゴールデンウイークが休みではなかったのですが、ひょんなことから連休がとれたので、母親を連れて、久々に温泉に浸かってきます。上尾から箱根湯本の行程を電車で行くのですが、脚の悪い、それでも車椅子を使う程ではないといった高齢者には、エスカレーターとエレベーターの綱渡りのようなルートを探していかないと、たどり着けません。

インターネットで、駅構内の案内図を見ることができますが、やはり、実地で調べないと、怖い部分があります。以前、上高地に電車で母を連れて行った際、長野駅で、エレベーターの工事をしていて使用できないとった経験があるからです。階段を20段ほど登って、また、降りてといったことで、体力の限界になる、その後筋肉が痛んで歩けなくなるということが、高齢者には起こります。幸い、そのときはなんとか凌げましたが・・・。

昨日、新宿駅に立ち寄り調べたら、南口側の通路であれば、埼京線と小田急線の連絡がスムーズだと、わかりました。これは、帰路対策で調べました。往路は、湘南ラインで小田原まで行って、そこからロマンスカーに乗り換えます。新宿駅構内は、やはり、高齢者の難所です。あの人ごみは、普通の人(学生さんやサラリーマン)なら、なんのこともないんです、わたしも、そうなんですが、母親に聞くと、「怖い」のだそうです。人にぶつかることもあるでしょう。ぶつけられる、ということは、やはり、あるでしょう。母の話しを聞いてから、わたしも想像してみて、「危ないかも。」と思うようになりました。

なるべく、難所の新宿駅を避けたルートで行こう!と調べたら、湘南ラインで小田原に行くのが、いいという結論になりました。帰路は、ないんですね。小田原から上尾に帰る湘南ラインが希望の時間帯にないので、帰路はやむなく新宿という難所越えをしなければなりません。小田急線からなら、山手線が近いので山手線で上野まで出て、高崎線からは座れる、という作戦が第一候補で、当日新宿の南口側構内が比較的人ごみが空いていたなら、湘南ラインのグリーン席で座れる、という第二候補を頭に入れておこうという算段です。

高齢者は、電車の席も出入り口から遠い席だと空席でも、利用できません。短い停車時間に降りることができないからです。運転中の車内を歩くこともできません。踏ん張れないんですね。なので、出入口付近に席が空いているか否かが、ある程度、賭けのようなところもあります。グリーン車は指定ではなくて自由席なので。

現代はすでに高齢社会ですが、やはり交通インフラは、高齢者向きにはできていません、まだまだです。あっても、わかりにくいですね。周知することに力が入っていないかもしれないです。高齢者専用の交通ガイドなどがあったなら、需要は相当に高いと感じている今日この頃です。外に出たい高齢者は多いハズです。多少の小金も持ち合わせている世代です。もったいないですね、ビジネスチャンスがあるのに・・・。たぶん、インターネット以外での案内が必要でしょう。情報が必要な方々は、インターネットが使えない方が多いからです。

1週間ほど前の天気予報では、今日と明日は雨だったのですが、晴天になるようです!車窓から富士山が拝めたならいいな、と期待しています。では、みなさん、しばし、ブログをお休みしますが、お元気で、お過ごしくださいネ!!!