関東地方では、昨日はこの冬一番の最低気温となりました。
とても寒い雨の日から一転、晴天の連休となりそうですね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

わたしたちは今週(11/16)、ホボ思いつきで紅葉狩りにいってまいりました。関東近辺の観光名所ではすでに紅葉は終わっていますが、群馬県の赤城高原の宿では、広大な庭でまだまだ紅葉狩りを楽しむことができますヨ。じゃらん(赤城高原温泉 山屋蒼月)

20141116_山やモミジ無題

ひとり一泊2万円程度とすこし高めではありますが、各部屋に露天風呂があり、とっても綺麗な部屋と料理のおいしいその温泉宿は、東京や埼玉から、比較的アクセスのよい穴場ではないかな?と思います。

わたしたちは、川口駅から北千住駅で乗り換え東武特急りょうもう線で赤城駅に到着して、宿の車のお迎えをしていただきました。車の送迎はPM3:00のお出迎えとAM10:00のお見送りが日に1度あります。事前予約が必要で無料です。

今回は1週間ほど前から宿を探し始め、伊香保温泉や草津温泉なども候補としていました。埼玉県内の温泉地も調べ宿泊日の3日ほど前に予約という慌ただしさ。特急りょうもう号(往路17号、復路22号ですと宿の車の行き帰りにちょうどいいです)を降りて、赤城駅のホームに降り立ってすぐさま妻が「空気が濃い・・」と小鼻をすこし上向けたのが印象的。

都会の日常では味わえないおいしい空気、アクセスが近い赤城高原の宿で間違いなかった!と、わたしはその妻の一言でわかりました。11月のわたしの吉報は北西だったので川口市からの方位取りもしています。

露天風呂からの夜空に輝く星星は透き通る冬の夜空にあざやかに美しく、天気がいい日にはスカイツリーなどもロビーの窓から望めるそうです。

庭園のモミジはいまからでも楽しめるのは、赤城山の南側中腹に宿があり、年間を通して日照時間が長いため、紅葉が遅くなるからだと、宿の店主からお聞きしました。(実は、さすがに紅葉は終わているだろうと思っていたので、期待値をはるかに超えた紅葉狩りを満喫させていただきました)

先ごろ世界遺産となった富岡製糸場からのアクセスも車でお出かけならば比較的近いので、宿選びで旅の満足度をより高めたい方におすすめです! 

群馬フラワーパークからも近いです。春には宿の近くの千本桜が見事なのだそうですよ。(毎年満開の時期が変わるので見頃についてはご自身で調べて予約してくださいネ)冬でも雪のほとんど降らない、晴天の多い土地ということです。

食事は、夕食も朝食も個室風なので、プライベートな空間でのんびりクールダウンしたい方にイイと思います。プランによって味わいは異なるのだと思いますが、こんにゃくの刺身、鱒の甘露煮、赤城芋豚の自家製ベーコンは絶品。どの懐石料理も変わった味わいが楽しい。

普段は煮干だしの多い味噌汁なので、かつおの香りがとってもあじわい深いお味噌汁でした。ごはんも土鍋炊きなのでしょうか、とっても美味しかったですヨ。

部屋の半露天風呂からは、関東平野がなだらかにひろがり眼下に眺められます。(標高500Mの位置に宿があります)広大な庭園のすこし奥に溜池があり、その先に関東平野の夜景を眺めながら、ゆっくりと足を伸ばして湯船に浸かれるシアワセ。

湯の温度にはひとそれぞれ好みがあるものです。遠慮せずにフロントに電話してイイ。わたしたちにはヌルめであったので調節していただきました。翌朝もぬるくなっていたので食事の前に電話して食後には気分よく浸からせていただきました。

あまり年間を通して旅行には行かないといった方が、たまの旅行ならすこしフンパツしてみると、期待はずれな思いをすることなくシアワセに巡り会えることがあります。

宿のすべてが真新しい畳敷きなので、素足の感覚の気持いい宿です。わたしたちは、【本館 月の彩り】展望半露天風呂付き客室宿泊プラン を利用させていただきました。(二部屋あるので贅沢気分を味わえます)

創業50年の赤城高原温泉 山屋蒼月は古民家のような昔の日本の風情があって清潔感の高い宿です。豪華な調度品はありません。カラオケルームなし。土産物店もありません。(土産ものは置いてある程度にはありますが)

部屋のDVDプレーヤーでのんびり夜長に借りた映画を観るのもイイかな?と思います。そして、小一時間したら温泉に入って、ゆったり気分でグラス片手にまた映画。そして、大浴場の露天風呂で夜空の星を眺めて・・・。連泊も飽きのこない宿とお思います。夜のおやつ?の羊羹も甘すぎずおいしかったですヨ。

おとながのんびりと過ごすのに最適です。

生花がさりげなく此処彼処(ここかしこ)に生けてあり、目を楽しませていただきました。

20141116_山や

この写真の廊下の先に大浴場があります。まだ寝静まった早朝に撮影しました。この畳の廊下がきもちいい。部屋の脱衣所の本木の板張りもとっても気持ちが良かったです!木の肌触り、ぬくもりで自然に落ち着いてしまう心地よさ。

わたしたちは合計5回ほど温泉につかって、足が軽くなりました。でも、温泉そのものにこだわりの高い方(温泉第一!という方にとっては)にはすこし物足りない温泉かな?とも思います。無臭で透明感の高いお湯です。源泉かけ流しではありません。もちろん、大浴場には温泉の証明書が掲示されているのでホンモノです。

徹夜明けでそのまま寝ずに電車に乗ったわたしが、一度湯船につかると程なく疲れが一気にとれたので、効能も確かな温泉です。この数日も足が軽いと感じています。

日頃忙しいかたが、いっとき、のんびり過ごしたい、そんな時にすこし足を伸ばして楽しむにちょうどいい東京や埼玉からアクセスのよい穴場の宿だと思います。紅葉はまだ間に合います。

ほとんどの宿泊客が部屋付きの温泉をご利用されているためか、大浴場の露天風呂も貸切のようにひとりでつかれました。星空を眺めるためにわたしはメガネをかけてのんびり。ひとめも気にならないのがイイんです!