はじめての転職の場合には、新卒での就活しか経験していないために、新卒での就活のイメージで転職活動をしてしまう方もすくなくないと推測します。じつは、企業が転職希望者(応募者)に期待していることは、年代によって異なります。

20代に期待していること 新卒と異なりビジネスマナーを身につけている。適応力があり短期間で戦力となれる。あたらしい社風になじみやすい。行動力がある。
30代に期待していること 入社時点から即戦力として貢献してくれる。リーダーシップ・マネジメント能力を発揮できる。みずから理解でき、改善点を指摘できる。社歴の長い社員ともうまく振る舞える。
40代に期待していること 前職までの豊富な経験と人脈を自社で活かせる。社員教育の能力がある。新規プロジェクトを任せられる。マネジメント能力によって、企業業績に貢献できる。

技術職であっても30代からはチームの長としての役割を期待されています。わたしの転職経験からお話しできることは、応募した企業で新卒から勤続している社員、たとえばあなたが社会経験10年目であれば、

その企業に新卒で入社した10年目の社員のレベル以上か?ということが採用担当者の見方になります。その企業に新卒で入社した10年目の社員より見劣りする社員をおなじ待遇で向かい入れることは企業は考えていません。

すべての企業がそのような見方をしているとは思いませんけれど、キャリアアップ転職を念頭に転職されるのであれば、あなたの社会経験の年数とおなじ社歴のその企業の社員と比べられているんです。

得意分野をかなり強くアピールすることは必須なのだ、ということがお分かりいただけると思います。

職務経歴書はおおむね書式が自由です。何をどのようにまとめていけばいいのか?よくわからないという方も多いと思います。時系列で職歴を記入する場合、古い経験から書く書式とあたらしい経験からじょじょに過去にさかのぼる書式があります。

応募する企業によって変えていく部分です。技術職の場合には、直近の経歴から記入することが多いと思いますけれど、今回応募する企業で求められている経験があなたの職歴のどこにあるのか?

を考えて、どのようにレイアウトすると効果的か?を考えましょう。

前回も紹介させていただいた、キャリア・デベロップメント・アドバイザーの谷所健一郎さんによると、

職務経歴書は面接の導線です。

あれこれと多くをPRするのでなく、

1つのエピソードに集約すること。

とおっしゃっています。

採用担当者は、あなたの自己PRの内容から、

1.当社の業務内容を的確に理解しているか?

2.自社だからこそ入社したい意欲があるか?

をじっくりと感じ取ろうとしてきます。

職務経歴書に「貴社で発揮できる強み」という見出しを立てて簡素に記入していきます。

事務職であれば、営業事務、人事、総務、経理など、それぞれの専門性が求められるので、パソコンスキル以外の専門知識について、自己啓発していることであってもアピールすべき、ともおっしゃっています。

わたしも応募書類のどこを強調して、どのように面接に臨むか?といったことを考えながら書類作成をしてきました。

どのような方でもこれまでのお仕事でにがい思いや失敗をされた経験はあるのだと思います。ところが、これまで自分が感じてきた、「にがい思い」や「失敗」をそのままにしていてはいけません。転職活動でのキモがココにあります!

こうした負の経験を暗転思考から陽転思考にかえていくのが自己分析であり、経験の棚卸しです。わたしの経験で申し上げると、わたしには1年間海外で写真をとっていた時期があります。しごとらしい仕事をしていませんでした。

ココはかなりのマイナス部分です。職歴の空白期間。

そこで自分を振り返ると、わたしがしてきたことは自分勝手に好きに任せて写真を撮影してきたのではないこと。そして難民キャンプでボランティアのようなこともしていました。

そればかりをしていたのではありませんけれど、「難民キャンプでボランティアをしていました。」とシステム開発会社での面接でお話しすると、意外にもそうしたことに興味を示してくれる方が面接官におひとりいたのです。

経験スキルについてももちろんマッチングしていましたけれど、じつは、職歴の空白期間の最大の弱点であったハズのそこでの経験、「難民キャンプでボランティアをしていました。」が面接での雰囲気で最大のウリとなっていました。

3名の面接官のうちの1人から、「わたしはあなたの仕事がしたい!」と面接中に大きな声で言われたのです。他の2名の面接官を牽制するように。

わたしだけが特別なのではありません。

暗転思考から陽転思考にかえていく。とは、自分を偏った見方で限定させてしまわないこと。自分の可能性を広げるために、発想を革命的に変えること。(ちょっと大げさですけれど、発想が変わるまでじっくり深く分析してほしいんです。)

そして、「にがい思い」や「失敗」の経験をも、自分で自分の評価を変えていく。

そして一番アピールしたい部分を1つ膨らませて強調する。こうして自分を好きになることで、1つ1つの言葉に勢いがついていきます。

すると、あなたが欲しいと思う人が現れます。必ずですヨ!