今週日曜日にたまたま「全力教室」というフジのテレビ番組をながら見していました。講師はミス・ユニバース請負人?のイネス・リグロンさんでした。なにかで自信を失っている方々が生徒で、ひとり一人の悩みに向き合いながら最後にはメイクとファッションで美しく変身させてしまう、そんな番組でした。

彼氏と別れてから、離婚してから、周りからイジメの言葉を投げかけられてから、様々な理由で元気がない、冴えない女性方が生徒です。こうした番組に出演しよう!と思っえた方々なので、積極的です、人に見られることも乗り越えている。表面的に明るく元気な方でも腰が引けるテレビ番組の出演です。

家族や親せきや友達、職場の人々にみられる。そうしたことも乗り越えたいほどに深刻だったのかな、と思いながらのながら観をしていました。他人からしてみれば、なんてことない事でもある。でも、自分自身にもそうした落ち込みの時期があるから引き込まれていく。

番組のはじめから、「結構きれいでかわいいのになあ~」と見ていた方は、最後の変身後には一番きれいに輝いて見えました。普通の綺麗を通り越している。めったにお目にかかれない程きれいで知的な女性なのに、「もったにないよ。」と感じ入りました。

イネス・リグロンさんは、離婚を自分の意志でした女性に対して、「わたしも自分から離婚したのよ、あなたと同じよ。自分から離婚を決めたなら、あなたは幸せになるために離婚したのよね!離婚の前よりもあなたは幸せにならなきゃダメよ!」といっていたのがよかったですね。

総じて生徒のみなさんは、過去のオモイに留まっている、と管理人はみていて感じとりました。思い込みがもったいないことにしている。いまは目の前に存在していない何かに、いまのココロが奪われてしまっている。楽しいことを思い出すのではなくって、悲しい苦しいこと、オモイに浸っているようにみえました。

自分自身の経験を振りかえると、これから先をどうしていけばいいのかがわからないと、こうしたことになる。何か目的を失うと、それまでの目標とか過去に未練が残ったり・・。

自分の見た目に文句をいう人はどこにでもいます。本人にはどうにもできない弱点に文句やイジメの言葉をいう、そうした人は、自分が「バカです。」と表明しているようなものです。言われてもその言葉を自分が引き受けないことです。受け止める必要がありません。

機嫌の悪い犬やおびえている犬に街中で吠えられたことはありませんか?そんなことで気を病む必要はないし、ガッカリしたりしませんよね!ことの本質はおんなじと管理人は思います。「か弱い犬はよく吠える。」とひとことココロの中でつぶやくと、まったく気にならなくなります。(「犬に例えてアイすまん」、とそのひとにすこしあやまりましょうかね)

どのようにしたら良い方面に変えられるか。方法がわかれば、それをしていくことで自分を変えていくことができる。これまでにも紹介している方法です。

オモイ。普段のいつものオモイ方を変えていくと人生が変る。できれば、しあわせに。幸せになってもらいたい、デス!!

経営者に絶大な信頼を得ている、無能唱元さんの「らくらく瞑想で夢はかなう」という文庫本には、こころを壺のような器に例えています。この壺には、あなたのこれまでの全人生での思いがすべて注がれている。この壺にいい思いを注いでいくことで自分を変えていくことができます。管理人の実験済の方法です。

こころの、この壺のことは、心理学では、「潜在意識」とか「無意識」などといい、無能さんの臨済宗では「阿頼耶識」といいます。普段わたしたちが意識しているココロは顕在意識で、自覚的に意識的な心です。その心の内側で心を支配しているのがこの「阿頼耶識」です。この支配者の自分のこころはなかなか変えていくことができない。

それでも、変えていくことができる。瞑想でなくても、日ごろのことばを変えていく。ことばという思いが心を形作っていくからです。たぶん、前世も含めた経験も蓄積されている心があると管理人は思います。天才が幼少から才能があるのはなぜなのか?ということを考え続けていった結果、技量も含めてそのように感じています。脱線しました。

無能唱元さんの翻訳した「世界最強の商人」の巻頭にはあの稲盛和夫さん(京セラ創業者でKDDI創立、日本航空再生をされた世界的は経営者)も寄稿されています。

瞑想はちょっと難しいという方には、日ごろの口癖を変えていく。斎藤ひとりさんの「絶対成功する千回の法則」がいいんです。
斎藤ひとりさんの著書(いま思い出せません)で「うれしい」「たのしい」「ありがとう」「感謝します」「ゆるします」ということばがいいと書かれている。この言葉を口癖にしていきます。もちろん、「絶対成功する千回の法則」に出てくることばでもいいです。

「やってやれないことはない! やらずにできるわけがない! しあわせだな~、豊かだな~」とブツブツ言っていく。気持ちはどうでもいいんです。でも、自分を変えていきたいならまず、千回言っていく。
管理人は、とてもとてもシンドイ時期にやってみました。心に力なく冴えない時期にです。

「やってやれないことはない! やらずにできるわけがない! しあわせだな~、豊かだな~」と言ってから「うれしい」「たのしい」「ありがとう」「感謝します」「ゆるします」と心の中で言っていく。気持はどうでもいいんです。

通勤時間の自転車に乗りながらでも歩きながらでもいいんです。管理人は朝の出勤の自転車で毎日やりました。ちょうど、千回のころに心持がハッピー方面に変わっていることを感じました。無能さんが言われる「壺」に、ある一定量のいい波動の言葉が注がれると、あなたの内面が変わっていきます。管理人検品済の「コトバ」です!!!

この番組では、「過去のオモイ」で落ち込むことができることを証明してくれました。ちょっと変な言い回しを敢えてしてみました。すこし進んで考えていくと、オモイを変えるとヒトが変わることが分かります。いいオモイにしていくと人が変わる。落ち込みの裏返しで考えるときっと、あなたは気づくハズです。

イイトコ取りをしていく。ひとりの人間のできることは人間なので限りがある。イイトコを好いようにミックスしてしまうと、グット身近に幸せの光を感じ取りことができます。ご自分で面白がって言葉をアレンジしていいんです!!

まず、千回。一日10回ブツブツで3か月くらい。いち日30回だと1ヶ月。続けてください。あなたひとりで完全無料でできること。(笑)
たったこれだけのことで、人は変われる!!

こころを充電していって、行動する勇気を高める。行動してくことでどんどん自分を好きになっていきます!!!
自分が たまらないほどが好きになる本

こころを充電していって、行動していく。行動していく中で、へこたれそうなときに、こころを充電する。そしてまた、やってみる。このサイクルで日常をまわしていく。イイトコ取りの方法です。誰かに頼らずに、平気で幸せでいることのできる方法です。

今年中に変わっていくと新年をこころ新たに向かえられる。あさ・昼・寝る前で10回づつっていうのもいいですね!