日本の国家資格で名乗る事ができるのは、「あん摩マッサージ指圧師」です。ただし、整体でもマッサージでも国家資格がなくとも顧客に施術して報酬を得る事は可能です。

たとえば、りらくる。 はたらいくではセラピストの募集記事が掲載されています。

全くの初心者・未経験者を無料の講習でセラピストに育成し、働けるシステムがある会社がいくつもあります。ただし、社員になるわけではなく、実力の世界。指名をとれるセラピストが幸せになる世界です。

こどもの頃に、両親や祖父母などに肩を揉んであげて、喜ばれた経験がないでしょうか?

愛情をこめて揉んであげて、「良くなったよ・・・」と喜ばれた経験はないでしょうか?

じつは、セラピストに向いている人とは、ソーした原体験を持ちの方なのだと私は思います。

私は、あん摩マッサージ指圧師のかたにマッサージを受けた事もあるし、国家資格はないセラピストからマッサージを受けた事もあります。

鍼灸院にも定期的に通うけれど、ストレッチをしてもらったり、マッサージを受けると、体が軽くなって元気になることを実感します。人に体を触れられて安心する、という人間の本能のようなものもあるに違いありません。おひとり様世帯の増えている今日、人気のサービスの1つです。

国家資格がある人とソーではない人で、大きな違いがあるのか?

比較するために、違いを発見したのではなく、数百回の施術体験で今思い返すと、資格の問題ではない、と断言できます

では、どのような人が上手く、指名も取れ、喜ばれているのか?

というと、研究熱心で本気で治してラクになって、痛みが無くなって帰ってもらいたいというやさしい心の持ち主

やさしい、でも治すために徹底していて妥協しないセラピストは、効く、という事。察知する感性も大切です。鈍感な人には向きません

民間資格者で指導員の資格を持っている方(女性)に何度も施術して頂いたことがあるけれど、

どこにツボがあって、この凝りの硬さであれば、どのくらいの力でどのくらいマッサージをかけると良くなるか?

ということを、施術の最初のタイミングですぐわかる人です。

その方は日本の国家資格の「あん摩マッサージ指圧師」ではありませんけれど、個人的な体験としては、一番効きました。

医療ではない、施術。マッサージでも整体でもカイロでも、国家資格がなくとも凄腕の施術師はいるものです。

セラピストで成功するためには、資格の有無はあまり関係がない。

毎日数人(8人以上の予約がすぐ埋まり、予約済でお断りすることのある方でした)の指名が必ず取れているセラピストは、過去のテクニックに安住していません。強い意志、優しさの中に強さがあります。どれだけしんどくとも、決して手抜きをしていません、その時点のベストを尽くしています

私は、セラピーを受けながら、どのようにアプローチするのか?

頭の中で研究している事があります。セラピストの性格もコンディションも力の入れ方と押しの長さ、テンポ、息使いなどから自然に感じ取るホーです。最初の10分程度で、そのセラピストの力量は概ねわかります。

ある程度は、どこの部位にどのようにアプローチしてゆくと、どこに効果が現れるのか?

わかるようになりました。実際に凄腕のセラピストから教わって覚えたワザもあります。

なので、マッサージを終えてから、施術してくれた方に、逆マッサージをしてあげることがたまにあります。施術中に、体がしんどいと聞きだして、「だったら治してあげますよ・・・」とお話するからです。

手前みそで恐縮ですが、足首の持病が治ったと次の訪問日に言われて喜ばれたことがあります。セラピストに、顧客の私が、施術後に逆マッサージをして治した、ほんとに。あり得ない、クレィジー?な人間ですかね私は・・・。

プロの施術師に、お世辞もあるでしょうけれど、ほめられます。

こどもの頃に、両親の肩を揉んであげて、喜ばれた原体験に似ていて、喜ばれると純粋にうれしい。ほんとに良くなるともっと嬉しいと素直に思います。

もちろん、無償。というか顧客なのでお金を払います。お金を払って治してあげるって、今の日本ではクレィジー?なんでしょうね、たぶん。人体の不可思議な構造、しくみに興味があって、知りたい質だからです。

理容師同様に、世間話しなどで、会話で心を和ませると喜ばれる事のあるお仕事です。頭が良い悪いは関係ありません自己犠牲をいとわずに体の芯に優しさがあると、案外簡単に指名は取れる世界でもあるからです。

愛情をこめて揉んであげて、「良くなったよ・・・」と喜ばれた体験があなたにあり、興味があるあなたなら、セラピストに向いていると思いますよ。

マッサージを受けることが好きな方にも、知る事が好きで興味があれば向いています
埼玉県ではたらくセラピストの募集記事