6月に紹介した企業は、とても反響がありました。6月に応募された方が多かったので、ここで面接対策について考えてみました。参考になれば幸いです。

管理人は、システム開発の仕事に参入する際に、スキルチェックの面接を都度行ってきました。会社の入社以外でも面接をします。仕事の都度、面接をしていきます。そういう仕事をしてきたので、面接の回数も経験も多いほうと思います。そうした経験と専門家の書籍などに基づいてアレンジしてまとめました。

面接は、周到な準備をして、面接の流れを意識して対策を考え、この質問にはこういういい方、この質問にはああいういい方といった想定をして、シナリオのような文章を書き、言葉に出して俳優のようにセリフを覚えておくことも効果があります。但し、こうしたテクニカルなことよりもまず、お見合いをしてプロポーズするようなイメージで取り組むといいと思います。

「なぜ、他の人ではなくて、あなたでなければならないのか。」というのが志望動機になります。勤めたことも無い、社員に知り合いもいない、よくわからない相手に対してプロポーズしていかなければなりません。理不尽といってしまえば、それまでです。それでも、「あなたでなければならない」思いを説明ではなくて想いを伝えなければなりません。

そのためには、その企業がどのような企業なのか、会社の理念や業務内容、同業他社と差別化している商品・サービスについて調べることがとても大切です。どのような人かがわかって、どこかが好きになる。この会社の、こういう考え方はいい、といったことを見つけ出してください。ここまでのことは、転職ライバルもしていることです。

あなたが採用者側に「あの人がいい。」と思われるために、もうひと押し工夫をする必要があります。この業界について、これだけ勉強してきました、といったことが伝わるように、その会社の事業やその業界の周辺について勉強しておき、こうしたことがしていきたい、といった提案のようなことができると群を抜けます。「ここで働ければ、わたしはもっと頑張れる。」といったことを職務経験やご自分の身に付けたスキルを交えてアピールすることも志望動機になります。

たとえば、パソコンスキルが求められていた場合。使えるソフトの名称とどのようなことができるか、どのくらいの時間でどの程度の資料が作成できるか、といったことが語れると、とても有利な展開ができます。採用者が知りたい仕事の場面で、情報を簡素にまとめていて、わかりやすい、と思われます。そうしたことを面接で語るために、勉強して身に付けてしまう、ということができると、採用後にも自信をもって仕事に取り組むことができますね。転職活動が仕事のすぐ入口にきていますから。

やる気・チャレンジ精神(あなたの為なら、たとえ火の中、水の中)なども、提案のようなカタチにして語ると説得力が増すのでグット採用に近づけます。店舗運営のような仕事では、「たとえ火の中、水の中」といった覚悟も問われます。たとえば、スタッフが急病で休むと電話があったなら、たとえ自分が休暇でも、急いで店を開けに行く、ということも責任者として意識しておきたいところです。こうした経験があるので、御社ではこういう事業を展開しているので、こうしていきたい・・・、といった流れで、できることをアピールしていきます。

未経験での募集の場合なら、会社に溶け込む能力がある、といったことがポイントになります。会社の理念や社風、今後の事業展開について企業ホームページなどで調べます。ここまでなら、ライバルがしていることと同じです。どのような社員が欲しいのか、その人物像もイメージしていき、これまでの職歴や経験を交えながら、「わたしがそうしたことにウッテツケですよ。」とひと押していくとライバルの並びの中から、前に出られます。必死になって、自分の持ち駒を探してくださいネ。

募集記事での求める人物像と企業ホームページでの転職情報にも目を通し、自分のセールスポイントを理由や根拠にして、適任であることを語ります。採用者は、どのような人が欲しいと思っているか、という視点で考えてから、では、自分のどの部分で勝負していくか、といったことを考えていくと、色々なアイデアや言い回しが浮かんでくるものです。

「圧迫面接」というものがあります。あえて窮地に追い込んで、その人柄を引き出す、不測の事態・トラブルへの対応能力を見るのが狙いです。キャリア・アドバイザーの小島美津子氏の「はじめての転職 128のギモン」という著書が参考になります。対応の仕方は、相手に合わせて淡々と答えたり、無言になってはNG。「ご不審があれば補足説明を致しますが、何か問題がありましたでしょうか。」などとアプローチし、反応のある方(複数の面接官の場合)に向けて話す。基本は、イエス・バットで対応する。「ご指摘ありがとうございます。確かにそうかもしれません。」と受け入れて、そのうえで、「そうですが、わたしがお伝えしたかったのは、・・・」と切り返します、とありました。うろたえたり、逆ギレはNGです。

未経験での応募なら、関連する資格を取得したとかスクールに通っているなど努力してきた事や今勉強していることを伝えましょう。そうしたことが無い方なら、今からでもいいので、「こうした勉強をしています。」と言えるようなことを勉強し、勉強して学んだことを面接時に切り出していきます。

どうしても入社したいほど、惚れている会社なら、いまできないことであっても、「必ずやり遂げます。」と言い切ることです。わたしはそうしてきました。その仕事についたなら、覚えて身につけてやっていく覚悟を面接のまえに、決めていました。ゾッコンならば、どこに配属になってもどの勤務地でもいい、あなたのためなら、なんでもやります、という思いで面接に臨みます。わたしの場合は、仕事をしていくためにいつも、どのようなしごとでも、そのように気持ちを高めて臨みました。

正直に言ってしまえば、惚れていなくても、惚れてみる、惚れていると思い込む、というのがホントのところです。俳優でも演技に気持ちがないと大根役者と言われます。お見合い結婚でも幸せな夫婦はいくらでもいます。特に、年齢が高めの方なら、なかなかいい会社がない、ということでは生きいていけません。
条件のホントの下限を見直して、選択肢を広げて、許容範囲の求人を見つけていき、惚れよう!と心に決める、ということが大切です。

面接は勝負どころです。人生での勝負どころです。惚れている会社なら、プロポーズというイメージで対策を考えていく、というのがわたしの経験的にもお勧めです。惚れていない会社でも、惚れてみる、惚れていると思い込むと効果がちがいます。他の応募者とは思い入れ(気持ちの強さ:やる気)で群を抜けます。