はなまるうどんでは、リクナビNEXTで正社員を募集しています。募集記事掲載予定は8/26までとなっています。5月に当ブログでこの「はなまるうどん」の正社員募集について書かせて頂きました。かなり反響もありました。募集内容の詳細については過去記事をご覧ください。

ホワイト企業で有名な「はなまるうどん」では、正社員を募集中!!
ホワイト企業で有名な「はなまるうどん」に応募された方に面接対策でのヒントとなりそうなことを調べてみました。創業者の人となりを少し知っていただく為に

はなまるうどんは、ネットなどでも「ホワイト企業」として有名です。そのことを証明する1つの方針は、24時間営業をしていないことです。売上高至上主義の多い飲食業界では、都市圏の店舗であれば24時間営業にするほうがはるかに利益が上がります。”はなまるうどん”はそうしたことをアエテしないことにしています。

そして、完全週休二日制を導入している。半年ごとに長期休暇も取得できる。業界内では異端といった存在です。子供手当も中学校を卒業するまで毎月1万円が支給される。子供の入学や結婚の祝い金といった手当がある。転勤は家族連れでもいい。引越費用も全額会社が負担している。単身赴任の場合も帰省手当まで支給する。

大企業ではありません。これから伸び盛りの中堅企業です。

前回のはなまるうどんの紹介記事を掲載させて頂いたときに知らなかったことが1つあります。それは「くるみん認定企業」であったということです。(募集記事には掲載されていませんヨ)

当ブログでは女性が活躍できることを第三者機関が証明してくれる「くるみん認定」を1つのキーワードにお仕事を紹介させていただいてもいます。

「くるみん」というのは、赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と、「職場ぐるみ・会社ぐるみ」で子供の育成に取り組もう、という意味を込めた名称で、次世代計画期間内の女性従業員の育児休業取得率が70%以上であることなど、9つの基準を厚生労働省が、認定基準を満たした企業に対して認定する制度です。

わたしは「くるみん認定」企業が就職情報サイトに掲載されると一応目を通します。中小・中堅企業であれば信用情報会社の資料で経営状況も調べ、「これならOK!」という自分なりの指標があります。

わかりやすくいうと「『くるみん認定』がただほしかった企業なのか?ホントに本気で子育て支援をしたい企業なのか?」を私なりに見極めています。発見した「くるみん認定」の企業なら掲載してしまう、ということはしていません。それでも十全だとは思っていません。実際の採用までの流れの中で応募されたかたはご自身で見極めてくださいネ!

はなまるうどんは、イイ企業なので、今回も募集をしているのでまた紹介しようと思っていました。5月に当ブログで紹介させて頂いた内容と今回のはなまるうどんの募集内容に違いはありません。ただ、私の見方がすこし変わりました。

実は、大企業寄りの、大手志向の方には向いていない企業なのではないか?という1つの疑問です。はなまるうどんは、採用枠を広げている。広げているから簡単に入社できるか?というとそうではない、なさそうです。ほしい人材は結構ピンポイントで明確です。

夢や目標を持ち合わせている人材がほしいという会社です。大企業志向のような”夢より安定”、といった目的のないひとを採る会社ではないようです。”安定”志向の中での、”大きな安定した船ならどこが目的地でもいいですよ”という安定志向が嫌いらしい、はなまるうどんは。

何がしたいとか、夢が懐になる、そうしたひとがほしいんです。だからこそ今回も募集をしているのだというのが私の見立てです。過去記事をご覧になったかたならわかったハズ。社長の前田英仁さんはかなりの苦労人です。そして、師匠のような方、西條先生との出会いで、それまでのわだかまりを解消された。

あなたに夢はありますか?

西條先生は、「人生はあなたが考えたとおり、信じたとおりになる。」「夢を実現するぞと決意し、できると確信すれば、必ずそうなる」とことあるごとに口にされていた。それを信じて事業拡大されたのが社長の前田英仁さんです。たぶん、前田社長は、ココだけは譲れない頑固な方なのではないか?

今回の募集記事の紹介をさせていただく中でわたしはその頑なさを”はなまるうどん”から感じ取りました。むつかしいことでもありません。

あなたが、「人生はあなたが考えたとおり、信じたとおりになる。」「夢を実現するぞと決意し、できると確信すれば、必ずそうなる」と信じ、では何をやってやろうか?と考えて思い浮かべることのできるかたなら、あなたは”はなまるうどん”がほしい人材にちがいありません!

ぜひ、過去を振り払ってこれからのために身ひとつで説明会会場に足を運んでくださいネ!!
はなまるうどん(リクナビNEXT)