@typeは、キャリアデザインセンターという会社が運営しています。
typeの人材紹介の特徴は、利用者の65%以上という高い年収UP率、転職誌の発行を通じて、大手企業から急成長のベンチャー企業まで幅広いネットワークを持っているところです。
首都圏の正社員転職にtypeの人材紹介

@typeはそのネットワークを利用し、普段メディアには登場しない隠れた優良企業の求人情報や最新の採用動向、進行中のプロジェクトの内容や新規事業立ち上げ計画など企業の詳細な情報を持ち合わせています。

また、IT企業や外資系、コンサルティング業界等への人材紹介に特に強い、という特徴があります。転職サポートはもちろん完全無料でサービスを利用できます。夜間相談も可能です。typeの人材紹介

在職中の方であれば、土曜日に個別面談形式での転職相談会を毎週行っているので、ぜひ、利用されることをお勧めします。転職コンサルタントの質にも定評があります。 拠点が関東首都圏にしかないので、関東近郊の転職希望者には、関東の企業をピンポイントで紹介してもらえます。

若干、最大手の会社よりも知名度が劣るので、逆に、1人1人しっかりと丁寧に支援してくれる、という評判をよく耳にします。
CMなどの広告効果で知名度の高い大手転職エージェントは、転職希望者が集まり過ぎてしまうので、すべての人に対してキメ細かな対応は難しいのが実情です。

どの人材紹介サービスでも、その時期に求人が集中してしまう時と閑散としている時期という波はあると思われます。同じ担当者でもそうした市場の流れによって、ある程度振り回されてしまう、といったことも想像がつきます。

なので、同時に複数のエージェントに登録して、ご自分にあった担当者に巡り合う機会を増やしておく、ということが運をつかみとる上でとても大切です。
typeの人材紹介

そういった点も含め、広告宣伝活動をあまり行っていない @typeの人材紹介 は少し隠れた優良転職エージェントですので、賢く利用していきたいオススメできる企業ですよ。

勢いのあるベンチャー企業も含め幅広い求人を獲得できており、豊富な求人数を元に転職支援を行うことができます。この求人数はより良い転職活動を行うのに非常に重要なポイントです。

最大手より知名度が劣るとは言ったものの、歴史は古く、1994年から転職ビジネスを行っている老舗企業です。なので、企業人事とのパイプが強く、@typeだけが獲得している独占求人や非公開求人を多く受注できているのも強みです。

要点をまとめましょう。

・登録者数が比較的少ないので、1人1人親身に細かく転職支援を行える。

・転職サイトの知名度を活かして、豊富な求人をを元に転職活動ができる。

・転職ビジネス老舗企業だからこそ、独自のパイプを持ち、独占求人が多い。

「転職サイト@type」には掲載できない非公開求人が多いのも特徴で、この非公開の求人にこそ良質な企業の可能性が高いです。

以下は利用した方のお話しです。

求人票に月平均の残業時間の目安などの情報もしっかり記載されていて得られる情報量も多く、企業の絞り込みがしやすかった。

コンサルタント担当者が人間味に溢れた方で、転職活動の中の不安に対しても、要所要所でのアドバスの熱さに励まされ、奮い立たされることがたびたびあったということです。

何度も繰り返し「なぜ転職するのか」「なぜその職業を志望するのか」など、なぜそうなりたいのかという事をとことん突き詰める方で、予定時間を大幅に超えてカウンセリングして頂きました。ということです。

そのおかげでそれまで頭の中で漠然としていた自分の考えを整理して明確にすることが出来ました。
希望年収額、希望職種、将来ビジョンが明確になった、ということです。

私もそうだったのですが、転職にあまり自信がないという人にはおすすめです。アドバイザーさんとこれまでの自分のキャリアを振り返ってみると、自分だけでは気付かなかった得意分野に気付くことがあり、自信に繋がっていきます。
転職にお悩みの方はコチラ

転職エージェントに何社か登録する中で、強引な感じのコンサルタントとはちょっと合わず、1つ1つ求人内容を見極めてしっかり紹介してくれる会社に絞って転職活動をすることにしました。
typeの人材紹介では、コンサルタントの方が私のペースに合わせてゆっくりと対応してくれていたので本当に良かったです。

経歴にそれほど自信を持っていた方ではなかったのですが、@typeの方は最初から最後まで優しく一緒に頑張って行きましょうというスタンスでいてくれて、本当に救われたと思っています。

私はマイナス思考的な性格で面接NGも結構あったんです。それでも、前向きな言葉とNGの後にすぐ次の求人を紹介してくれたので、気持ちの切り替えがスムーズにできて、モチベーションが下がることなく乗り切れたんだと思います。

もう転職活動をしたくないですが、次も転職することになったら、@typeのお世話になるつもりです。

以上、利用された方からのお話しでした。