今回ご紹介するMSKカンパニーは社員10名の株式会社です。未経験の方の日給は9000円で経験者は1~2万からのスタートになります。はたらいく で11/3まで掲載予定となっています。

会社の住所は、東京都板橋区赤塚3-7-8です。

東京都板橋区赤塚3-7-8

職人の世界は、腕次第でマイペースで働ける世界です。職人の世界は経験を重ねることがのちのち活きていきます。リストラにもなりません。腕が高まればむしろ年季が腕の良さに直結するからです。

わたしの高校生の時の体育の先生が授業の時に、自分が剣道を選んだ理由を「年をとってもできるから・・」と言っていたことを思い出しました。年をとるとダメになる世界と、年季が入って競える世界があります。

職人の世界とは、加齢がプラスになる技の世界です。今回のMSKカンパニーがどのような方を募集したいのかは、わかりません。年齢もよくわからない。やる気がある方で普通に真面目ですこし足腰が丈夫であるなら採用されると思います。

建築業界はいまは単価も上がり需要も高いので人手がたりないのでしょう。腕1本で企業のような職場のストレスにも会うことなくフランクに働くことができます。未経験でも月給は225,000円になりますね。

今回わたしは、「月給40万円以上」の「正社員」をキーワードで仕事を探しました。未経験ではなくって、経験を積めば確実に月給40万になる正社員の仕事を探したのです。このMSKカンパニーでは3年目で50万円稼ぐ先輩もいるそうです。未経験から2年目の今年32歳の方の日給は1万3000円、月給は325,000円になりますね。

仕事内容は、

壁紙を貼るクロス工事だけでなく、修繕工事全般も行っています。水道のパッキン取付、ダイノックシート(硬質塩ビ製のシート)貼り、シリコンコーキング、クッションフロアー、ウッドタイル、カーペットなど、お客様のニーズに合わせて提供します。作業の手順自体は難しくありませんので、スグに覚えられます。

となっています。

休日は、日、祝、夏季、年末年始、GW。職人の方々は土曜日もお仕事をされます。年末年始とお盆にはその分目いっぱいお休みを取られます。半年しっかりがんばって、連休にゆっくりする。また半年働いてゆっくり休める。残業もあまりしないと思われます。気になるかたは「残業は月30時間くらいですか?」という聞き方をしていきましょう。

たとえば、普通のサラリーマンが向いていないという方には、こうした職人が向いている場合があります。起業してご自分が社長になることもできます。(社内では、もちろん打ち明けずに準備していきます。)

日本の住宅に壁紙が取り入れられるようになったのは明治時代に入ってから。当初は造幣局で作られ欧米にも輸出されるほど優れた技術がありました。新築の建築現場の内装工事の代表のようなお仕事が、今回紹介させて頂くクロス職人のお仕事です。

比較的仕事を覚えるまでに時間がかからないことから、他業種からの参入も多いことで知られています。壁紙の素材で多いのはビニール製で、石膏の粉と水で混ぜ合わせたパテでボードの凹凸を平らにし滑らかにしてあと、クロスを貼っていく。

独立資金としては、ワゴン車と糊付け機械と脚立。腕があれば比較的カンタンに独立できる。女性で働くかたも多い。それでも女性のハンデは、新規の現場で女性用のトイレがないこともあるから。

介護福祉士で老人ホームで働いたのち、父親の経営する内装会社でクロス職人の見習いから始めた鈴鹿忍さん(”職人になる本”を参照しています)は、「OLとは根本的にちがうでしょうね。夏は暑いし冬はさむい。だけど、体を動かす面白さっていうのは絶対あります。」と語る。彼女は、クロス職人を初めてすぐ結婚し、子供を産んでから職場復帰している。一回仕事を覚えると、その職場復帰に違和感は少なかったという。

「女の人でもできる仕事なんで、もっともっと入ってきてほしい。一般家庭で主婦の方が自宅のクロスやふすま張り替えをけっこうしていますよね。それをもうすこし専門的にすればいいんです。」という。新築のみならず、リフォームのあるところにクロス職人がある、と私は思います。需要は高い、んです。

今回募集のMSKカンパニーでは女性社員を想定しているかは不明です。でも内装工で女性の方々をわたしは見てきていますし、現場がはなやぎ歓迎されること間違いなしと思います。

何年働いても昇給しないことの多い昨今。やる気次第でホントに給与が上がるのは良くないですか?

今回ご紹介するMSKカンパニーの正社員の募集は、はたらいく で11/3まで掲載予定となっています。