当ブログでは、かんたんな気分での転職はオススメしていません。ただなんとなく「イヤ」ということで辞めると、ほぼ100%新しい職場でも同様の「イヤ」が秋夜の月のようにあなたに付いて回るからです。同じような職場であっても、楽しそうに働いている同僚もいれば、普通に頑張っている人、中には

シンドそうな難破船のように疲労感をまわりに漂わせている人や沈没しかけている人もいたりします。(わたしの経験した職場のお話しです)

では、どのような状況であれば転職を考えたほうがいいのか?

2014_転職を決める黄金基準

この図は、いまの仕事・職場で、あなたが「たのしい」ことと「スキルが高められてる」ことの2つを基準にして、いまの職場にいたほうがいいのか、やめたほうがいいのかを判断するためのものです。(社会派ブロガーのちきりんさんは退職決断のための転職の黄金基準と仰ります。図はすこし私なりに変えました)

ブルーの1の部分というのは、「学べてないし楽しくない」という方。やめ時の方です。高度成長期であれば、若い頃にこの1の部分にいても、社内で経験を積み徐々に評価されていくことで将来お得な人生をうる事が可能でした。

ところがそうでもない企業がかなり増えてもいます。2014年のいまの日本であなたが勤めている会社で、10歳年上の上司、20歳上の上司、30歳上の上司が新入社員で入社して、どのくらい、どのようなお得感を得ているのか?ココをしっかり調べてみることが大切です。

調べてみてもお得感が見いだせないのであれば、早めに脱出していいとわたしは思います。時間の経過が命取りになるものです。行動はお早めに!なぜなら、「楽しくなくって学べなくって将来性すらない」ソコにいてイイことはないと思うからです。

そんなこと調べるまでもなく、「楽しくない」ことと「学べない」ので辞めたい気持ちが強い方であればやめてしまったほうがイイとわたしは思います。特に若い方で転職市場で有利な立ち位置と分かっている方なら、なおさらです!

理由は簡単で、つまんない人生よりたのしい人生のほうがイイから。ほぼ日の糸井重里さんは「たのしいが正しい」と仰っています。ただし、「楽な仕事がたのしい」と感じてしまうような方に向けてお話ししているのではありません。(厳しいですか?)

「ココでやれることはもう全部やりきったかな?最近たのしくなくってさ~」というような転職志向のことを、その職場の「卒業」と表現したい。自主退学はダメ。やり残しているから。「試験問題が簡単でつまんない・・」といった感覚が「卒業」なのだと思います。

そして、卒業はドンドンしていいとわたしは思います。いまの職場の守備範囲以上にあなたの伸びしろははるかにまだまだ広がっている、だからこそ「たのしくない」と感じてしまう。

こうした「卒業」以外であっても、ミスマッチというのはあるんです。会社への就職のしかたが上手くなかったために、本来別の会社であったり職種であれば実力が発揮できたり、生き生き働けるというひとがいます。そうしたことは「楽しさ」の基準で測るとわかりますね。

ミスマッチとは、気づいたことで「向いていない」⇒「たのしくない」というかた。こうした方がたも多いのではないでしょうか?

ならば、もう一方の「学べていけるか?」の基準で感じてみる。学べているのか否か?が転職を考える上で重要となります。スキルが向上していると感じるのならば、得ているものはあるんです。

ザックりいうと、楽しくって学べている(4の部分のひと)と感じるのであれば、ソコにいたほうがいいんです。たのしくないけれども学べてるのが3の部分で、学べてないけれども楽しいというのが2の部分。ココに該当する方々は、「どうしようかな~」と悩んでいらっしゃるに違いない。

2と3のかたならば、漠然といまのままでいたなら、たぶん、このままを続けていくことにあるでしょうか。

そんな方、「1、2、3、の部分かな?わたしは・・」という方なら、いまどのような企業がどのような人材を求めていて、どのようにすれば転職が成功するのか、といったセミナーなどに足を運んでみる。いまの自分のスキルで、どのようにしていくと、よりよい人生を推し進めていけるのか?のヒントを得てみる。

「いま1のわたしだな・・」という方ならば、元気なうちに転職してしまうことをお勧めします!一層、転職にまつわるさまざまな催しをグット凝縮した転職イベントで「転職」の感じを感じ取ってみるのはアリではないでしょうか?元気もきっともらえるハズです!

こうしたイベントで実際の空気感を感じ取ることは、このブログやネットで情報をうる事よりもはるかに情報量が豊富です。

どんな年齢の、服装の、顔立ちの方々が、どのような意気込みでイベントに参加されているのかを五感で感じ取れるので、理屈抜きに「わたしはいまのままがいい」とか「もっと自分にあった企業があるハズ」とすぐわかるものです。

2014年10月11日(土)に渋谷ヒカリエで開催される女の転職@typeの転職イベントでは、60以上の企業が出店し、履歴書不要で気軽に企業の方々と直接お話しすることができます。(女の転職のページにある「転職イベント」のタブをクリックしてみてくださいネ)

未経験者専門の転職専門コーナーもあり転職のためのノウハウを聞くこともできます。未経験者以外の方でIT業界や営業職の転職専門コーナーなども併設されています。

あなたがどのようなおしごとに向いているのかを診断する「お仕事相性診断」も行われるので、「どのような仕事が向いているのかわからない・・」というかたがこの診断をしてみることで、今後の転職を考えていくトッカカリにもなると思いますヨ。

当日のイベントでは、14:45からは短い面接の場面で大切な第一印象をグットよくするための、「必ずきれいになれる!転職メイクレッスン」や、16:30からは、「はじめての転職 自分にあう会社の見つけ方」といったセミナーも開催されます!(カフェコーナーや休憩コーナーもありますヨ)

そうしたイベントの中でも特に当ブログでイチオシなのは、株式会社 ACT3代表取締役の堂薗雅子さんの講演です。

堂薗雅子さんは東洋経済オンラインで「キャリア女の人生相談」をしていらっしゃり、かなり男気のある方でわたしは大好きです。辛口コメントが的確でとっても視野がひろくって相談者の方々の質問に進行形で真摯にいつも考えておられます。

よくある、あらかじめ決まっている回答へ話しを導くことでなく、これまでに無いあたらしい答えを生み出している姿勢がわたしは好きです。女性が頼りたくなるアネゴ肌の方なハズ。こうした元気で頭の冴えている堂薗雅子さんのお話しは、きっとあなたの人生の全方面で、イイ刺激となるに違いない。

堂薗雅子さんのお話しは、スキルに自信がない、という方にこそ勇気を与えるくれるに違いありません。

かつての日本では1つの会社や職種を勤め上げることがお決まりのようなことがありました。でも、いまの日本では転職することでより幸せになれる時代です。

企業の人事でも他社での経験をしっかり評価するようにかわりました。むしろ、社内がマンネリとならないために、あたらしい風を呼び寄せるようにして転職者を積極的に受け入れています。

そうした雰囲気も会場に足を運んでいただけると感じ取れることでしょう。

堂薗雅子さんの講演「長く働くためのキャリアアドバイス」は会場で13:00から整理券が配られますのでお早めに!

(女の転職のページにある「転職イベント」のタブをクリックしてみてくださいネ)
女の転職@typeの転職イベントでは、事前のかんたんな登録をあらかじめしておくと、もれなく「女性応援グッズ」を、そして先着300名に1000円分のギフトカードがもらえるので、ぜひいますぐ登録をしておきましょう!(交通費くらいになりませんか?)

もちろん、登録によって費用は発生しません。登録することで、よりよいお仕事をより早く効率的に転職活動をすることができますよ。もちろん、希望していない企業への勧誘などはありません。イベントも一切無料で参加いただけます。事前エントリーの締め切りは10/10(金)となっています!お早目に。

あなたがもし、ブルーの1の方なら、がっかりしてもいられません。

楽しく生きて、幸せになってイイんですよ。

登録して「女性応援グッズ」もゲットして1000円のギフトカードも手に入れて、ソコをスタートにして1機に運を取り戻し、よりより仕事を勝ち取って頂きたいんです!!!
がんばってくださいネ!応援していますヨ。